水川あさみ、インスタで結婚祝福に感謝と思い 窪田正孝との“2S”写真添え「うれしいきもち」

水川あさみ、インスタで結婚祝福に感謝と思い 窪田正孝との“2S”写真添え「うれしいきもち」

 俳優・窪田正孝(31)と、21日に結婚した女優・水川あさみ(36)が22日夜、自身のインスタグラムを更新。「うれしいきもち」と思いをつづるとともに、続々と届く祝福の声に感謝した。

  水川は、夕焼けビーチでの窪田とのツーショット写真を添え「心豊かに高め合い おもしろく人生を共に出来る人に出逢えました」とつづり「これからも何卒よろしゅう 沢山のお祝いコメントありがとう うれしいきもち」と思いを伝えた。

 22日朝の結婚発表後には水川のインスタには祝福のコメントが続々と届いており「素敵です いつまでもお幸せに」「お二人とも大好きです! これからも仲良くいてください」「本当に本当におめでとうございます」「ほんとにほんとなんだ! 水川あさみがついに人妻になったーーー! おめでとうございます お幸せに」と、現在も祝福の言葉相次いでいる。

 2人は22日に双方の所属事務所を通じて連名で正式に「この度、私たち窪田正孝と水川あさみは2019年9月21日に入籍いたしました」と発表。挙式・披露宴は未定で2人は「これまで以上に謙虚に高みを目指し役者業に専念すると共に にぎやかで面白い家庭を築いていきたいと思っています」と決意を新たにした。

 窪田は、1988年8月6日生まれ、神奈川県出身。B型。2006年、フジテレビ系ドラマ『チェケラッチョ!! in TOKYO』で初主演を果たす。以降、日本テレビ系ドラマ『デスノート』、関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『僕たちがやりました』、映画『東京喰種 トーキョーグール』などで主演を務めるほか、NHK連続テレビ小説『花子とアン』、NHK大河ドラマ『平清盛』、日本テレビ系ドラマ・映画『ラストコップ』シリーズなど話題作に出演。

 2020年春から放送されるNHK連続テレビ小説第102作が『エール』(月〜土 前8:00 総合ほか)の主人公を務めることが決定している。

 水川は、1983年7月24日生まれ、大阪府出身。AB型。1996年にCM『ヘーベルハウス』(旭化成)でデビュー。フジテレビ系ドラマ『西遊記』、『のだめカンタービレ』、『ラスト・フレンズ』など話題作に多数出演。2008年、日本テレビ系ドラマ『夢をかなえるゾウ』では連続ドラマ初主演を務めた。コメディからホラー、社会派まで、あらゆる役を演じ分ける女優として活躍する。

 2人は、17年フジテレビ系のドラマ『僕たちがやりました』で共演。ドラマでは、水川が担任の教師を、窪田が主人公の生徒役を演じた。同年12月には『FRIDAY』が、2人の同せい愛を報道していた。18年1月には、窪田が、映画『犬猿』の舞台あいさつで、熱愛について声をかけられるも、爆音のBGMが流されコメントすることはなかった。


関連記事

おすすめ情報

ORICON NEWSの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索