脚本・バカリズムが明かす『生田家』→『緑山家』の真相 “諸事情”で急遽…

脚本・バカリズムが明かす『生田家』→『緑山家』の真相 “諸事情”で急遽…

 10月1日より放送中の日テレ朝帯ドラマ『生田家の朝』が、明日22日より番組名を『緑山家の朝』として放送されることが21日の劇中で突然、告げられた。脚本を手がけるバカリズムは「『生田家の朝』全20話中、諸事情で15話しか撮影が難しくなり、急遽、残り5話を別の家族で書くことになりました」と説明している。

 平日朝の7時50分頃から放送中の『生田家の朝』は、脚本にバカリズム、企画・プロデュース・主題歌に福山雅治という異才がタッグを組んだ7分間のショートドラマ。ドラマチックなことはなにも起こらない“日常の家族の朝”を描きながら、起承転結とオチも付けた構成で見せるバカリズムワールドが、しっかりとファンをつかんでいる。

 そんな本作のバカリズム最大の“仕掛け”が明らかになった。これまで放送されてきた『生田家の朝』は、夫役をバカリズム、妻役を平岩紙が演じる『緑山家』夫婦が観ていた朝のドラマだったのだ。

 バカリズムは急展開を見せた本設定について「今回は脚本だけでなく出演もさせていただきます。決して僕が出しゃばったわけではなく、あくまでもいろいろあって、急遽そういう流れになったということだけご理解していただければと思います。ちなみに諸事情と言っても揉め事とかではなく、物理的な事情なのでご心配なく」。そして、翌日からスタートする新番組(?)『緑山家の朝』について、「撮影の方は平岩さんと2人で楽しく夫婦を演じさせていただきました。きっと生田家とはまた違った空気感の楽しい作品になっていると思います」とアピールする。

 一方、こちらも急遽出演が決まった平岩は「ひょんな事から、今回のお話をいただき、びっくりと嬉しさで、マネージャーに『へーーーーーーー!!』っと大きな声を出してしまいました。現場では、バカリズムさんの自然体に地味に感動しながら、その自然体になつきたいと犬なのか猫なのかみたいな気持ちで隣に座っておりました。幸せでした」と喜ぶ。さらに「生田家から緑山家にテレビ画面がズームして切り替わる仕掛け。その次にズームしたら、お茶の間の皆さんのお家になってたらおもしろいなあ〜」と意味深なコメントを残している。

 先日は、生放送の『ZIP!』と『生田家の朝』がシームレスにつながるというトリックを見せていたが、まだまだ仕掛けがあるのではないかと疑ってしまう日テレ朝ドラ。最終話まで油断はできなさそうだ。


関連記事

おすすめ情報

ORICON NEWSの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る