女優の永野芽郁、俳優の坂口健太郎が16日、都内で行われた映画『仮面病棟』(3月6日公開)映画化記念スペシャルイベントに登壇。本作でミステリー映画に初挑戦した永野は、撮影中に毎日悪夢を見ていたと明かし、詰めかけた報道陣らを驚かせた。

 本作で凶悪犯に撃たれ負傷している女子大生・瞳を演じている永野。役柄が影響してか、「毎日悪夢を見ました。腰を撃たれてずっと血が吹き出てるんですけど死ねないっていう夢を見て、それを毎朝坂口さんに報告するのが日課でした(笑)」と告白。それを聞いた坂口も「本当に悪夢を見てたよね」と撮影時を回顧していた。

 役柄が私生活に影響したのはこれだけではないという。本作では冒頭から最後までずっと負傷した脇腹を押さえており「私生活でも脇腹を押さえるくらい染み付いちゃった。無意識に待っている間も、こう(脇腹を押さえるポーズを)やってるんですよ。『いや違う、全然私は大丈夫だ』って(気づく)」と笑顔で話していた。

 最後は“ノンストップ脱出ミステリー”の本作にちなみ、謎解きスペシャリストの松丸亮吾が登場。映画にちなんだ問題を出題し、登壇者らで謎解きを楽しんだ。イベントにはそのほか、映画の原作者で現役医師の知念実希人氏も登壇した。

 映画はシリーズ累計発行部数100万部を突破した知念氏のベストセラーミステリー小説が原作。ピエロの仮面をつけた凶悪犯に病院を占拠され、一夜限りの当直医・速水(坂口)と凶悪犯に撃たれた女子大生・瞳(永野)が監禁される。密室と化した病院から脱出を試みる2人は、次から次へと病院の不可解な異変に遭遇する。