NHKの過去の名作を新たによみがえらせるリバイバルドラマシリーズ。今回は、昭和の大人の男と女の恋と人生を描き、1983年に高倉健主演で映画化された山口瞳氏の名作を俳優の遠藤憲一主演でドラマ化する。居酒屋の無口な店主「兆治」の前に突如現れる運命の女性・さよ。「あなたのせいだからね」と一言つぶやき姿を消したその時から兆治の心は揺らぎ始める、懐かしくも切ない大人のラブストーリー。

 遠藤は「一度はお会いしてみたかった高倉健さん。その健さんが演じた居酒屋兆治の兆治役を自分が演じさせていただける日が来るとは思いませんでした。健さんとはまた違う居酒屋兆治になると思いますが、豪華で個性的な共演者のみなさん、スタッフのみなさんと力を合わせて新しい居酒屋兆治を作り上げたいと思います。楽しみにして下さい」と、コメントを寄せている。

 主人公の藤野伝吉(遠藤)は、高校、社会人野球のエースだったが、肩を壊しサラリーマンに。上司から大量リストラを行う役目を押し付けられ、退職。妻・茂子(真矢ミキ)と居酒屋「兆治」を始めた。客からは店名の通り「兆治」と呼ばれている。無口で無骨な男だが、兆治のさばく「もつ」は大ぶりだと評判を呼び、店はそれなりに繁盛している。

 常連には幼馴染みの岩下や、酒癖の悪い河原などがいる。そんな「兆治」に突如やって来たのは、初恋の人・さよ(井川遥)。「あなたのせいだからね」と一言残して姿を消す。実はさよは自宅に放火した疑いをかけられ、夫や警察が彼女の行方を追っていた。30年近く会うことのなかった兆治を忘れかねていたのか…。

 そんな兆治を温かく見守る茂子。やがて、常連客秋本の妻の急死を河原が揶揄(やゆ)したことをきっかけに、兆治は河原に手を出してしまい重傷を負わせ逮捕される。そして取り調べでは河原でなく執拗(しつよう)にさよのことを追求される。

 一方、行方の知れなかったさよはそんな騒動も知らずに茂子が留守を守る店に再び現れる。対面する二人の女。ようやく放免され、日常を取り戻した兆治に突如、届いたのは意外な知らせだった…。居酒屋「兆治」の赤ちょうちんに今夜も灯がともる。

 同ドラマは、BSプレミアムで3月28日(後9:00〜10:30※BS4Kでも同時間)に放送される。