お笑いコンビの爆笑問題の田中裕二が、11日深夜放送のTBSラジオ『火曜JUNK 爆笑問題カーボーイ』(毎週火曜 深1:00)に出演。プロ野球の南海、ヤクルト、阪神、楽天で監督を務めた野村克也さん(享年84)が同日に死去したが、TBS系スポーツニュース『S☆1』で共演していた縁もあり、その偉業を称えた。

田中は「とにかく偉大な、選手、監督、解説者…どれを取ってもすごい。5年間ずっと毎週やっていましたからね。本当に毎週毎週ボヤきですよ。『こじるり(小島瑠璃子)、オレはもう死ぬからな』って。こじるりは『監督、何言っているんですか』って言って、お見送りするっていうのをやっていたんですよ」とかみしめるように回顧。

 続けて「野球のことだけ見ていたら、100歳まで生きられるんじゃないかっていう人で。本当に現場の人で、野球のことだけやってきた人ではありますけど、それをしていることが元気の源だったんだよ」とコメント。「本当に急だったんだろうね。カネやん(金田正一さん)のお別れ会に長嶋(茂雄)さんに会ってたらしいんだよ。そこで『頑張ってるか』って言ったらしいね。オレは長嶋さんを励ますために言ったんだなって…もうたまらないよね。それがノムさんらしいというか」と話した。

 野村さんはテスト生として1954年に南海に入団。その後はロッテ、西武で捕手としてプレーした。巧みなインサイドワークと強打で知られ、65年には戦後初の三冠王を獲得。現役を45歳まで続け、通算3017試合出場は歴代2位。本塁打王9回、首位打者1回、打点王7回という輝かしい成績を残した。

 南海では73年に監督兼任でリーグ優勝。90年にヤクルトの監督に就任するとデータを用いた“ID野球”でリーグ優勝4回、日本一3回という結果を残した。その後に阪神、楽天でも監督を務め、勝てるチームの礎を築いた。