三島由紀夫賞候補にもなった、いしいしんじ氏の傑作小説『プラネタリウムのふたご』が、今夏に舞台化されることが決定。ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』、『リューン』などで活躍中の若手俳優・永田崇人と、ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズンで越前リョーマ役を演じた阿久津仁愛がW主演を務めることが明らかとなった。

 「麦ふみクーツェ」で第18回坪田譲二賞を2003年に受賞し、04年、06年、07年、09年と立て続けに三島由紀夫賞候補作品を上梓、12年には「ある一日」で5回目の三島由紀夫賞候補、及び織田作之助賞大賞を受賞した奇才・いしいしんじ氏。この度、04年初の三島由紀夫賞候補となった心温まる名作「プラネタリウムのふたご」を、ウォーリー木下が脚本・演出を手掛け、音楽劇として上演。ウォーリー木下は、『つながる音楽劇「麦ふみクーツェ」〜everything is symphony!!〜』(15)でもいしいしんじ作品を原作に脚本・演出を務めており、本作が2作目となる。

 彗星にちなんで名づけられた主人公のふたごの兄弟、テンペル役には、ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』の孤爪研磨役をはじめ、『リューン〜風の魔法と滅びの剣〜』(18)や『いまを生きる』(19)といった舞台での活躍も注目されている永田。タットル役は、16年からミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズンで、青春学園一年生の主人公・越前リョーマ役を演じ続けてきた阿久津が演じる。

 永田は東京ワンピースタワー「ONE PIECE LIVE ATTRACTION」(15-16)でのデビュー以降、ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』や『リューン〜風の魔法と滅びの剣〜』など5年間タッグを組んだ、演出のウォーリー木下からの厚い信頼を得て、主演の舞台に立つ。そして、ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズンの本編を2月に終え、5月の『DREAM LIVE2020』でシリーズラストを迎える阿久津は、デビュー以来演じ続け、その中で大きな成長を遂げてきた越前リョーマ以外の役で、初めて舞台に立つこととなる。

 脚本・演出のウォーリー木下、W主演の永田と阿久津のコメントは以下の通り。

■脚本・演出:ウォーリー木下 コメント■
「5年前に上演した音楽劇『麦ふみクーツェ』からの2度目のいしいしんじさん原作の舞台化。念願の、ってやつです。20代のはじめの頃、いしいさんの小説と出会って、その世界、物語が永遠に続くような(本を閉じても)感覚、そういうものに憧れ自分も演劇を作ってきました。『プラネタリウムのふたご』も、頁を広げなくても僕の身体の中で生きています。もう15年以上前だというのに!もちろんスタッフ・キャスト、僕が信頼している人たちに集まってもらいました。演劇と文学と音楽が交差する、イメージとドラマが星座のように繋がる景色を作ります。お楽しみに」

■テンペル役:永田崇人 コメント■
「テンペル役を演じます。永田崇人です。演出家のウォーリー木下さんとは8度目の作品です。ふたごのタットルを演じる仁愛とは4年前の演技レッスンからの仲で、とても感慨深いです。このふたごの物語がどんな風に色づいていくのか、今からワクワクしております。都心ではあまり観ることの出来ない美しい星空をお届けできたらなと思います」

■タットル役:阿久津仁愛 コメント■
「ミュージカル『テニスの王子様』が終わり初めての作品となります。新たな環境、新たなステージに立てること本当に光栄です。また、事務所の同期で尊敬する先輩である崇人くんと、ふたごでW主演として共演することが出来るのがとても嬉しくて楽しみです! 今まで培ってきた経験を活かしつつ、先輩方から沢山のことを吸収しながらタットルとして素敵な舞台をお届けできるように全力で挑みます」

【公演概要】
音楽劇『プラネタリウムのふたご』
愛知公演:6月27日(土)〜28日(日)東海市芸術劇場大ホール
東京公演:7月1日(水)〜5日(日)日本青年館ホール
大阪公演:7月9日(木)〜12日(日) COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール

原作:いしいしんじ(講談社文庫)
演出・脚本:ウォーリー木下

出演:永田崇人 阿久津仁愛 ほか

<あらすじ>
だまされる才覚がひとにないと、この世はかさっかさの世界になってしまう。
星の見えない村のプラネタリウムで拾われたふたごの赤ん坊。彗星にちなんで名前をつけられたふたごは、星の語り部の男に育てられ、ひとりは手品師に、ひとりは星の語り部になった。おのおのの運命に従い彼らが果たした役割とは?

企画・製作:キューブ/サンライズプロモーション東京

公式HP:https://www.planetarium-twins2020.com/