最富キョウスケ氏の漫画『クイーンズ・クオリティ』のドラマCDが、13日発売の連載誌『ベツコミ』(小学館)3月号に付録で収録。堀北玖太郎役を斉藤壮馬と四方アタル役を駒田航が担当し、収録秘話に迫る両者のインタビュー記事や漫画が巻頭カラーで掲載されている。

 同作は、幼いころの記憶がなく身寄りもない文が、“ココロの掃除屋”を家業とする堀北家に居候することから始まるストーリー。初恋の子・ふゆが、実は文と同一人物だったと気づいた玖太郎は、過酷な運命から文を守ろうとする。「呪いの娘」と言われ続けてきた文は、実はレアな能力を生まれ持つ「女王(クイーン)」で、覚醒した文の運命が描かれる。

 ドラマCDは名シーンを選んだもので、26日発売のコミックス最新11巻特装版に付いてくるドラマCDと連動している内容となる。