“芸能界イチのパン好き”の女優・木南晴夏(34)が、オススメのパン屋をまとめた自身初の著書『キナミトパンノホン』を3月26日に発売する。

 パンシェルジュ検定2級を持ち、雑誌『おとなの週末』では、約5年間にわたりパンの連載「キナミトパン」を執筆。2018年に催された『木南晴夏の渋BREAD』(東京・西武渋谷店)では、3万人以上を動員し、テレビ番組では、先日NHK-BSプレミアム『パン旅。』が6シーズン目に突入することが発表されるなど、パンの仕事も精力的に行っている。

 そんな木南が、実際に足を運んでいるお気に入りのパン屋を厳選。東京を中心とする関東のパン屋さんから「食パン」「クロワッサン」「ミルクフランス」など、9つのカテゴリに分けて紹介。また、関東以外のエリアからもお気に入りのパン屋さんを8軒セレクト。全部で48軒のパン屋が登場する、パン好きなら絶対見逃せない一冊に仕上がっている。

 木南自身が各店舗のオススメポイントを書き下ろし、さらには『おとなの週末』での連載「キナミトパン」からも厳選回を収録するなど、連載を読んでいたファンにも楽しめる内容となっている。木南晴夏を撮り下ろすのは初のタッグとなる写真家・川島小鳥氏。パン屋さんでの等身大の木南の姿を収めている。