猫と飼い主のおじいさんとおばあさんの日常を描いた、とても味のある実録漫画がTwitter上で話題になっている。作者は湊文さん(@sobun_nekomanga)というアカウントで、夫婦で作画やストーリーを担当している。「どうしたら愛猫のかわいい行動を多くの人に見てもらえるか?」と考え、Twitterを始めることにしたというが、実際どのように投稿しているのか。漫画の制作秘話や猫の菊ちゃん(4歳)との暮らしについて話を聞いた。

■若く元気な菊ちゃんは”生命力をもたらしてくれる”存在

 湊文さんは、保護猫カフェから譲り受けた猫の菊ちゃんとの何気ない日々を漫画にして描いている。菊ちゃんと一緒に暮らすようになり、最初は家族や知り合いに見てもらうために写真や動画を撮っていた。だが、次第に菊ちゃんのかわいさを広く伝えたいと思うようになり、SNSにも投稿をはじめた。おじいさんが絵が上手だったので、菊ちゃんの絵や漫画を描き始めたことが、Twitterへの漫画投稿のきっかけとなっている。

――絵はおじいさんが、ストーリーや写真はおばあさんが担当されていると聞きました。絵も文字も、味があってとても素敵です。漫画を制作する上でのこだわりを教えてください。

【湊文】絵を描く上でのこだわりは、かたくならないようにするということを心がけております。きれいに描こうとするあまりに、猫や人物が、ビシッとかたくなってしまうとよくないので、やわらかみが出るようにこだわっています。

――漫画の最後に、実際の猫・菊ちゃんの写真がついていることも多いですね。ストーリーや写真に関してのこだわりはありますか?

【湊文】ネタは考えるというより不定期な日記みたいな感じで、あったことや気になったことを簡単な絵とセリフでノートに書いています。それをおじいさんに後で見せて、漫画にできそうか二人で相談します。写真はスマートフォンで撮っているのですが、絵を描くときに参考にしてもらうので、こだわらずにたくさん撮っています。菊ちゃんは何故かカメラを全く気にしないので撮り放題です。その中から、なかなか可愛いのが撮れたなぁと思ったときなどはTwitterに載せています。あと、漫画に描かれている様子がわかりやすいと思った写真なども載せています。

――Twitterに漫画が投稿されると、「かわいすぎる」「猫の○○な行動、わかります…」などと毎回多くの反響を集めていますが、それらの反響についてはどう感じていますか?

【湊文】菊ちゃんの行動をそのまま漫画にして投稿しているので、おそらく猫と暮らしている方から見ると「あるある!」と思うものが多いのではないかと思います。また、おじいさんが描く菊ちゃんも可愛いと思って見てくださるのが、すごく嬉しいです。いつも皆さまからのコメントを全部読むのですが、温かいお気持ちをいただき、本当に有り難いです。とってもお優しい方ばかりです。フォロワーさんの猫さんを見られるのもうれしいです。

――菊ちゃんの存在は、お二人にどのような変化を与えていますか?

【湊文】菊ちゃんは、人間の私から見ると「何だか不思議な行動をしているなぁ」と思うことが多いです。でもそれが全部可愛いです。若くて元気な菊ちゃんを見ていると、元気な気持ちをもらえます。歳をとっていく自分たちのところに菊ちゃんが来てくれて、生命力をもたらしてくれました。

――今後は菊ちゃんと飼い主さんご夫婦で、どのように暮らしていきたいですか?
【湊文】4月30日に単行本を出していただけることにもなりました。みんなが健康に過ごせることを大事にして、ゆっくりなペースでも漫画と写真や動画を投稿して、皆さまに見ていただけたらいいなと思います。