吉沢朱音、岸みゆ、水湊みお、池田メルダ、小鳥遊るいの5人による令和2年デビューのアイドルグループ「#ババババンビ」が、3月27日(金)開催予定だったデビューイベント「#ババババンビのババババースデー〜ずっこけ0周年記念〜」(東京・Veats Shibuya)を中止することを決定した。新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止についての政府専門家会議、厚生労働省からの発表内容、数多くのメール、DMでの指導を踏まえ、運営が判断したという。

 「#ババババンビ」は、芸能プロダクション「ゼロイチファミリア」初のアイドルグループとして発足。漢字で書くと「#馬馬馬子鹿」と書くように「馬と鹿」がテーマで、「いまの日本、イヤなことやムズカしいこともたくさんあるけれど、この瞬間だけは“馬鹿”みたいに楽しくいきたい」と願うメンバーで構成。メンバーはマジシャンやグラビアアイドルなど、歌・ダンス・アイドル自体初経験の無名の新人がメインながら、27日予定のお披露目ライブは先行チケットが10分で完売、ライブ2週間前にはソールドアウトする人気ぶりだった。

 運営サイドは21日に公式文書を発表。「政府や関係諸機関等の自粛要請を注視しながら協議を進めておりましたが、出演する本人たちが日々デビューに向けてレッスンなどで努力して行く中で、期待していただいている全ての方の応援に応えるべくデビューライブを行いたいとの一心で主催・運営共に現在まであらゆる対策を考え話し合いを行っておりました」とする中、「自主開催の本イベントについて、メールやDMなどで想像を越える数のご指導を日々いただき、また入場者予定数も想定以上の600人を超えるなど状況はかなり不安定でございました。ただ20日を日処に状況に変化が見られるかどうかと注視しておりましたが、それも叶わず、主催運営として初めてのライブ運営で手探りも多く、且つアーティストにおけるデビューと言う状況において協議に協議を重ねた結果、チケットをご購入頂いたお客様、出演アーティストの皆様、ゲスト様、イベントスタッフ様、メンバー、全ての安全確保を円滑に行うことが困難との判断に至り、中止を決断いたしました」と、中止に至る経緯を記している。

 そしてファン、ゲスト出演者、会場スタッフ、関係者に対して謝罪するとともに「本決定については、計り知れないプレッシャーを一身に背負い、最高のパフォーマンスでお披露目のライブを。皆様の前で行うことを楽しみに日々努力を重ねてきたメンバーとの協議は一切行なっておりません。今回の決定はあくまで主催運営が主体となり決定するに至りました。その点についても#ババババンビのメンバーに対して、本当に申し訳なく思っております」とメンバーを気遣った。

 チケット払い戻しについては今後オフィシャルTwitter、公式HPよりアナウンスするという。