テレビアニメ『転生したらスライムだった件』(転スラ)シリーズが、10月より9ヶ月連続で放送されることが発表された。第2期の第1部が10月から12月、スピンオフコミック「転スラ日記」がテレビアニメ化となり2021年1月から3月、そして、転スラ第2期の第2部が4月から6月に放送される。


 同作は、小説投稿サイト「小説家になろう」で累計5億PV以上、書籍がシリーズ累計1800万部を突破した同名ライトノベル(作:伏瀬/イラスト:みっつばー)が原作。通り魔に刺されて死亡し、気がつくとスライムの姿で異世界に転生していたサラリーマン・三上悟が、リムルというスライム人生を得て、「種族問わず楽しく暮らせる国作り」を目指す物語。獲得したスキルを駆使しながら、知恵と度胸で仲間を増やしていく。

 テレビアニメ第1期は2018年10月から19年3月まで放送され、第2期は第1期の続編。そして、テレビアニメ化となる「転スラ日記」は、「貴重な紙を手に入れたので、俺のこれまでを日記形式で綴ることにした。書き出しはそうだな…『転生したらスライムだった』。そこから俺の冒険が――冒険…が?」お茶目でユーモラスなリムルとテンペストの仲間たちの日常をふんだんに描いた、“スライムライフ系”転生エンターテインメントストーリーが展開される。