お笑いコンビ・宮下草薙が26日放送のフジテレビ系特番『7G 〜SEVENTH GENERATION〜』(深夜0:25※関東ローカル)に出演する。人気グループ・Snow Manや若手芸人が『第7世代(G)がゴールデン(G)で通用するタレントになるために、頑張る(G)』をコンセプトとした同番組の第3弾に緊急参戦。体を張ってさまざまな企画に挑むSnow Manについて、宮下兼史鷹は「アイドルがここまでやるんだー、アイドル業界も最近大変なんだな、と。かっこいいだけじゃダメなんですね」と思わず感心した。

 草薙航基は「誰が一番面白かったか、って言ったらSnow Manのあの方でしたよね。顔もトークも良くて」と期待を煽り、宮下は「芸人が地位を失いますよ。これ以上面白くならないで〜」とお願いしていた。

 今や飛ぶ鳥を落とす勢いの“第7世代”の筆頭株でもある同コンビの登場に、同じ事務所の同期・さすらいラビーは戦々恐々。オープニングでMCの西野亮廣から「メンバーを激励したいというスペシャルゲスト!宮下草薙さんです!」と紹介されると、さすらいラビーは「帰って、帰って!」(宇野慎太郎)、「呼ぶなよ、何でだよ!段々メンバーを入れ替えるストーリーじゃん!」(中田和伸)と過剰反応をみせる。

 宇野によると、太田プロ内で“さすらいラビーが売れていなさすぎる問題”についてマネージャーと会議が行われ「『7G』第3弾ではメンバーが差し替わる可能性もありうる」と言われ、ふたりは焦りを隠せない。草薙は苦笑いし「苦戦しているな」とぽつり。さらに草薙が、さすらいラビーが『7G』に便乗しライブであることを行っていると暴露する。Snow Manらメンバーが飛び跳ねて大盛り上がりするほどの“便乗”行為とは?

 さすらいラビーは、宮下草薙にメンバーの座を奪われてしまうのか?第7世代の芸人たちのメンバー入れ替えの危機に、実はさすらいラビーだけでなく、他の芸人まで巻き込まれる波乱の展開になっていく…。

 収録を終えて草薙は「第1弾と2弾をテレビで見ていたので、まさか出られると思いませんでした。さすらいラビーとはライブで一緒にやっていましたが、テレビでの共演は初めてでしたので、うれしかったです。向こうはどう思っているか分かりませんが(笑)」とニヤリ。宮下は「『7G』のレギュラーの座を僕たちと入れ替えられてしまうのか、本気で恐れていたので、どういうリアクションするのか気になっていましたが、本当に嫌そうでしたね」と苦笑する。一方で草薙は「さすらいラビーは飲みに行くと『7G』の話ばかりなんですよ。大好きなんですよね。ライブでも本当に面白いやつらなんで、がんばってほしいです!」とエールを送る。

 そんな宮下草薙の登場に危機感を募らせるさすらいラビー・中田は「遠くに見えてすぐに認識できました。“そういう風になるのか”って、びっくりして、一瞬にして悟りました。『波乱だぞ、ケンカをするぞ』って」と戦闘態勢。宇野は「中田とも、『7G』が今後レギュラーとかになったら、宮下草薙が登場して、交換するぞ、なんてことになるのかな、なんていう話を第2弾あたりでしていたんですよ。遠い未来だと。でも、まじで早い!帰ってくれ!って思いました」と切実になった。

 宇野は「出演してくれて、必然的に僕らが映る部分が多くなったという感謝と、もう勘弁してくれ、来ないでくれ、という思い半分半分です」と宮下草薙に向けて本音も飛び出し、中田も「友達だけどライバルですし、色んな感情があって諸々まとめてボコボコにしたい!という複雑な思いです(笑)」とこぼしていた。