十代(ティーン)の「やってみたい!」「見てみたい!」「触れてみたい!」を実現させるイベント『超十代』がプロデュースする、令和新時代の次世代スター発掘オーディションプロジェクト『Mr.超十代&Ms.超十代オーディション2020』の受賞者発表が24日、SHIBUYA109LIVE TVハチスタから生配信された『超十代2020デジタル』で行われた。『Ms.超十代』グランプリには、茨城県出身の18歳・夢咲ももな(ゆめさき・ももな)さんが選ばれた。

 受賞者には『超十代2020』へのイベント出演、超十代チャンネルへの出演、「恋するハチスタ」への出演、ライフスタイルマガジン「Z」へのモデル出演、協力番組への出演交渉権などが与えられるオーディション。1次審査(書類)、2次審査(面接)、3次審査(SNS/CHEERZ・LINE LIVE・mysta・SHOWROOM)、そして審査員が総合的な観点(見た目・スタイル・自己プロデュース能力・将来性)でセミファイナリストをチェックする4次審査によって男女8人ずつのファイナリストが選ばれた。

 本来、受賞者は千葉・幕張メッセで行われる『超十代2020』のなかで発表の予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、SHIBUYA109内の配信スタジオ「SHIBUYA109 LIVE TV ハチスタ」から無観客で配信されることになった。そして女性ファイナリスト8名のなかからグランプリに選ばれたのは夢咲ももなさん。茨城県の出身で、趣味はTikTokを撮ること、特技は歌を歌うことという18歳だ。

 グランプリ受賞の前に「レジーナクリニック賞」を受賞しており、まさかのW受賞に夢咲さんも驚き、思わず涙。「オーディションを応援してくださった皆さんに、感謝の気持ちを伝えたいです」とコメントし、「私自身、憧れているモデルさんがたくさんいるので、私もファンの方々に憧れてもらえるような人になりたいです」と意気込みを語った。

 オーディションを見守ったみちょぱこと池田美優も「これからステージで会うと思うので、皆さん仲良くしてあげてください!」とエール。夢咲さんの今後の幅広い活躍に期待したい。