お笑いコンビ・爆笑問題の田中裕二が、4月9日よりリニューアルしてスタートする読売テレビ・日本テレビ系バラエティー『秘密のケンミンSHOW 極(きわみ)』(毎週木曜 後9:00※初回は2時間スペシャル)に司会として新加入。ともにタッグを組み、2007年の開始以来、番組をけん引してきた久本雅美と“新装開店”にあたって意気込みを語った。

 番組では、昨今の地方創生ブームなどにより、以前に比べて地方がより注目を集める時代に変貌してきたことを強く意識。これまでの、地方の奇抜な習慣・グルメへの驚きを中心にお届けしてきた『カミングアウト・バラエティ』から、番組独自の切り口で地方情報を“新発見”“再発見”する『ディスカバリー・エンターテインメント』へとシフトチェンジしていく。

 初回2時間スペシャルでは、MCに就任した田中に個性豊かなケンミン達がお祝いコメントを寄せるほか、田中の大好物の『ラーメン』事情を本場・福岡県で徹底取材。さらに『ケンミン検定』と題し、これまでのケンミンショーで紹介したネタの中から、東京育ちの田中にクイズ形式にして出題するコーナーを実施する。

 司会のオファーを受け田中は「ケンミンショーの司会をやるって聞いたときは、全く実感が湧きませんでした」と率直に語り、「これだけ続いている番組で、もちろんよく見たこともありますが、自分は出演したことがないので、スタジオの雰囲気も正直分からず、命綱は久本さんだけですね。ついつい久本さんにすがりたい気持ちになっちゃいますけど、『極』として生まれ変わるケンミンショーの新しい風になれたらなと思います。久本さんといっしょに今までにない感じの番組にしていきたいです」と“相棒”に信頼を寄せる。

 また、そんな田中と「ツーショットで司会をさせていただくのは初めて」という久本は「どういう化学反応がおこるか楽しみですし、楽しんでやっていきたいと思います」とコメント。

 そして「私が司会をしていたお笑い番組の初回チャンピオンが爆笑問題だったというご縁もあり、田中さんのことはデビュー当時からよく知っていますし、とても信頼しています。太田光さんという『猛獣』をうまく支え、ツッコミながら回していく田中さんの力は、新装開店したケンミンショーでも発揮され、たくさんのゲストの皆さんから安心されるんじゃないかなって思います。番組としてもこれまで以上に笑いの幅も広がっていきそうで楽しみです」と期待を込めている。