俳優の高野洸が主演する4月11日から読売テレビほかにて放送されるテレビドラマ&舞台の連動プロジェクト『KING OF DANCE』。ダンス&ボーカルグループGENICの「BURNIN'BURNIN'」が、同作の主題歌に決定。同グループが地上波ドラマの主題歌を担当するのは初となる。

 ダンス自慢の俳優たちが限界ギリギリのダンスパフォーマンスで魅せる今作。主題歌はメンバーの西澤呈が脚本を読み、歌詞を書き下ろした。西澤は「GENICにとって初のドラマ主題歌として『BURNIN'BURNIN'』を起用いただけること、本当に光栄です。台本を読ませていただいた瞬間から気持ちが高まり、気づいたら歌詞が出来ていました。ドラマのなかで仲間達との出会いがきっかけでストーリーが動き出す。その姿をGENICとも重ねて、気持ちを込めて書かせていただきました」と呼びかけている。

 過去のとある出来事により一度は夢を諦めようとするも、仲間との出会いにより再び大きな夢に向かってさまざまな葛藤や障害を乗り越えようとする主人公・高山空を高野が演じるほか、空のライバル・三浦海斗役を和田雅成、三浦海斗のチームメイト・真城博一役を丘山晴己、空のチームメイト・HIDE役を蒼木陣、空をダンスに誘うチームメイト・駆役を丞威、空と対戦するチーム“KIZAMI”のリーダー・YOHEI役を本田礼生、そして空のチームの振付師・時本修武役を荒木宏文が担当する。

 今回の主題歌発表を記念し、主題歌に合わせたドラマのスペシャル予告映像も初公開。迫力のダンスシーンに加え、ORICON NEWSではメイキングシーンも限定収録されている(https://youtu.be/VPFXMpyswS8)。