1988年10月3日の開始から今年で放送33年目に突入するアニメ『それいけ!アンパンマン』(日本テレビ系、毎週金曜 前10:55〜※関東ローカル)が、あす5月1日の放送でついに放送第1500回を迎える。

 アンパンマン役の声優・戸田恵子(62)は、「1500回!あっという間でしたね。しかしながらこの数字は感慨深いです」としみじみ。「決してハッピーな事ばかりではなく、悲しいこともたくさんありましたけど、その度、皆んなで乗り越えてきました! ワンチームと言う言葉が流行る前から、私たちはワンチームでした(笑)」と振り返っている。

 また、「これから先も初心忘れずに頑張って参りますので、変わらぬ応援をどうぞよろしくお願い申し上げます」と呼びかけ、「追記 老化防止に? 今年から収録前に全員でラジオ体操をしています(笑)」と明かした(※コメントは収録時のもので、本日現在、同番組は収録を休止している)。

 記念すべき1500回目のサブタイトルは「ばいきんまんとアンパンマン」。本作の原点となるアンパンマンとばいきんまんの関係を描いたエピソードとなる。

■第1500回「ばいきんまんとアンパンマン」あらすじ
バイキン城のお掃除をしていた、ばいきんまん。
ドクターヒヤリが作った、赤ちゃんスプレーを見つけるよ。
ばいきんまんは、今度こそアンパンマンをやっつける、ある作戦を思いつくんだ。
パトロール中のアンパンマンは、誰かが泣いている声を聞きつけて、谷の底へやってくるよ。そこにいたのは、赤ちゃんスプレーを持った、ばいきんまん。スプレーをかけられたアンパンマンは、なんと、赤ちゃんになってしまうんだ!
でも、スプレーの力で、ばいきんまんも赤ちゃんに!? 一体、どうなっちゃうんだろう?