俳優の古川雄輝、竜星涼の映画『リスタートはただいまのあとで』(今秋公開)でダブル主演を務めることが29日、わかった。初共演を飾る2人で、癒し系“純愛BL映画”に挑戦する。

 今作で古川は都会の生活に疲れて人生挫折中のツンデレ男子・孤塚光臣、竜星は田舎暮らしで優しい方言おっとり男子・熊井大和を演じる。大和への第一印象は「馴れ馴れしくてウザい奴」。そんな光臣が、自分にはない魅力をもつ相手に、恋愛感情として次第に惹かれていく姿を描く。

 メガホンを取るのは、長編映画監督デビュー作となる井上竜太監督。長野・千曲市、上田市で撮影を敢行し、美しい景色と豊かな大自然がスクリーンに繊細に映し出される。

 大役のオファーを受けた古川は「監督にはデビュー当時からお世話になっており、今回、監督の初の長編映画で主演を務めさせて頂き非常に光栄です。 デビュー時からの恩返しをしたいという強い思いを持って作品に挑みました」と気合い十分。

 竜星は「まだこれが恋なのかさえも、きっとどなたにでもある異性への感情が同性にも起こり得るその過程を丁寧に描いた新しい作品になっています。自分に足りないものを2人で補いながら新しいステップへと進む姿はとても美しく、逞しく見えるはずです」と見どころを語ると「ぜひ、新しい愛のかたちを映画館でお確かめください」とアピールした。

■以下、キャスト&監督のコメント
古川雄輝
「監督にはデビュー当時からお世話になっており、今回、監督の初の長編映画で主演を務めさせて頂き非常に光栄です。 デビュー時からの恩返しをしたいという強い思いを持って作品に挑みました。長野の田舎町で泊まり込み、大自然の中でスタッフとキャストが一丸となって作り上げた作品をぜひ、劇場でご覧下さい」

竜星涼
「まだこれが恋なのかさえも、きっとどなたにでもある異性への感情が同性にも起こり得るその過程を丁寧に描いた新しい作品になっています。自分に足りないものを2人で補いながら新しいステップへと進む姿はとても美しく、逞しく見えるはずです。ぜひ、新しい愛のかたちを映画館でお確かめください」

井上竜太監督
「誰もが、日々の生活の中で、悲しみや孤独を感じ、押し潰れそうになることがあると思う。そんな時、寄り添ってくれる人がいることで、どんなに救われることか。そして勇気をもらえることか。疲れた心を優しく包む映画を目指して作りました。この映画が皆さんの心の癒しになれれば幸いです」