『ドラえもん』ジャイアン役、『ヒプノシスマイク』山田一郎役などで知られる声優の木村昴が、6月29日の誕生日に30歳を記念したメモリアルブック『SUBA ROOTS』を発売する。収録されるカット写真で、木村が16年をかけて集めた秘蔵のコカ・コーラコレクションが公開されることがわかった。

 先行して公開されたカット写真では、世界中のコカ・コーラのビンや缶、記念グッズなど総勢1000点に及ぶコレクションに埋め尽くされた部屋を見ることができ、コーラ缶のサイズに合わせた棚をDIYで作成するなど木村昴のただならぬ“コーラ愛”が詰まっている。

 業界きっての「コーラ」好きとして知られる木村は、収録中などにコーラを飲んでいることを番組やツイッターで明かしており、コーラ柄の服を着たりするほど“コーラ”に生涯を捧げている。そんなこともあり、『ヒプノシスマイク』では、同じ事務所の先輩で『ドラえもん』スネ夫役の関智一が名付けた「好良瓶太郎(こうらびんたろう)」として作詞家活動もしている。

 同書は、「ルーツ」をテーマに、昨年末から彼の思い出の地を巡り、木村昴のルーツにあるものは何かを、余すことなく一冊に納めている。タイトルの『SUBA ROOTS(すばルーツ)』は、同じ事務所で師と仰ぐ『ドラえもん』スネ夫役の声優・関智一が命名している。

 家族や友人、関、自身が主宰する『天才劇団バカバッカ』の劇団員など、木村昴の「ルーツ」を作り上げた人々が出演し、親しい人たちにしか見せない彼の素顔が垣間見える撮り下ろしや、インタビューも掲載。さらに、彼の人生に大きな影響を与えたキャラクターたちとの共演ページもあり、描き下ろしイラストや自身が演じたキャラクターへの熱い思いを語っており、コーラ部屋での撮り下ろしだけではなく、思い入れの深い激レアアイテムなども掲載される。