5月1日放送のTBS系バラエティー番組『ぴったんこカン・カン』(後8:00)では、23日に新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった女優の岡江久美子さんを偲び、2011年11月18日放送回でゲスト出演した映像を特別編集してオンエア。番組終盤では、同局朝の情報番組『はなまるマーケット』でともに司会を務めた薬丸裕英からの手紙が読み上げられた。

 薬丸は「毎年お誕生日の時にお手紙を書いておりましたが、残念ながらこの手紙が岡江さんに書く最後の手紙になるかもしれません。楽屋のテレビで訃報を見て、一瞬時間が止まり、震えが止まりませんでした。その後、経過した時間を覚えていませんし、思い出すこともできないほどの衝撃でした。あの日から毎日、岡江さんのことを考えない日はありません」と回顧。

 『はなまる』がスタートした際のエピソードについても「1996年9月30日、岡江さんと私の朝は変わりました。生放送をマイペースで終えると、すぐに帰宅して掃除や洗濯、買い物や料理、すべてをこなす完璧な主婦。回遊魚のようなスーパー主婦。常にアンテナを張っていて、すべての情報を洗濯物のように取り込み、日常の悩みも次の日には持ち越さない、心の洗濯も忘れない、満点主婦」と振り返った。

 続けて「きびきびしていて、細かいことは気にしない岡江さんと、慎重で細かいことを気にする私。不思議なコンビが視聴者の方々に支えられて、17年半も続けることができました。終了後も、楽しい時間を一緒に過ごさせていただきました。一番の思い出は岡江さんの還暦パーティーです。内緒で(娘の)美帆さん、お孫さんと企画しました。岡江さん、喜んでくれましたよね。私が用意したケーキを見た時に、驚きの表情とあの笑顔、今でも脳裏に焼き付いております。あれから、たったの3年です。もうあの笑顔を見ることができないなんて、悲しすぎます」と涙声で思いを伝えた。

 その上で「岡江さんが荼毘に付されると連絡があり、その時刻に青空を見て、手を合わせました。最期にお顔を見ることができず、お見送りをすることができない、こんな別れはつらすぎます。今でも信じたくないから、さよならは告げません。私からのお願いです。『はなまるマーケット』の岡江さんは太陽のような存在でした。だから、これからもずっと天国からみんなのことを照らし続けてください」と声を振り絞った。

 この日の放送では、当時『はなまるマーケット』が15周年を迎えたことを受け、岡江さんと薬丸が『ぴったんこ』に出演。『はなまる』は、新人だった安住紳一郎アナがテレビ初出演した番組でもあり、97年から2003年の約6年間レギュラー出演し、まさに“はなまる出身”のアナウンサーとも言えるが、3人で各地を回っていった。