NHKの連続テレビ小説『エール』(月〜土 前8:00 総合ほか※土曜は1週間の振り返り)で1日、3月29日に亡くなったコメディアンの志村けんさん演じる小山田耕三が初登場。直後の番組『あさイチ』(月〜金 前8:15)で恒例の“朝ドラ受け”では、近江友里恵アナウンサーが思わず涙ぐむ一幕があった。

 この日、放送された『エール』第25回は、鶴亀(古舘伊知郎)からの持ち込み企画で行うことになった演奏会の当日。これまで準備を進めてきた裕一(窪田正孝)と音(二階堂ふみ)は、緊張しながらもそれぞれの音楽を披露する。この演奏会のことは新聞でも取り上げられ、裕一を「若き天才作曲家」として絶賛した記事を読んでいた意外な人物が、志村さん演じる小山田だった。「本物かまがい物か、楽しみだね」とひと言。志村さんはテレビドラマ初出演で、本作が遺作となってしまった。

 パートナーの博多華丸・大吉の二人はそれぞれリモート出演のため、スタジオは近江アナ一人。志村さんの登場に驚いた様子で「一人しかいないのに、さみしい。思いをシェアしたいのに。引き込まれました」と涙をぬぐった。さらに「明日が楽しみ…」と言いかけ、「明日、土曜日だった! 日村さんの日だ!」という反応にSNSでは共感の声が上がっていた。

 志村さんが演じた小山田は、主人公・裕一(窪田正孝)が子どもの頃に作曲を始めた当初から目標にしていた日本を代表する西洋音楽の作曲家 。「赤とんぼ」などの童謡から交響曲まで、日本初の本格的な作曲家、指揮者として活躍した山田耕筰がモデルになっている。