初のゴールデンウィーク開催ということで、多方面から注目されていた『コミックマーケット98』。残念ながら新型コロナウイルス感染症の拡がりに伴い、3月末の時点で開催中止が発表されたものの、同イベントに向けて、出展準備を進めてきたコスプレイヤーたちは、いま現在、どのように過ごしているのだろうか?今回は、フォロワー数16万人超えの人気コスプレイヤーであり、声優やグラビア方面でも活躍している、ないるさんにインタビューを実施。平日はOLとしても働いているという彼女にリアルな本音や、家にいながら楽しめる“宅コス”の魅力などを話してもらった。

■『コミケ』中止の報に「実際のところ、少しホッとしました」

――新型コロナウイルス感染症の影響で『コミケ』を始め、多くのコスプレ関係のイベントが開催中止となっています。ないるさんのコスプレ活動には、どのような影響が出ていますか?

【ないる】『AnimeJapan 2020』や『ニコニコ超会議2020』などにも参加する予定でしたが、中止になってしまったので、ここ最近は満足のいく“コスプレ活動”ができていないというのが正直なところ。撮影会やカフェイベントなども全部なくなっていますので、仕事としてのコスプレにも影響が出ています。

――『コミケ98』の中止が発表される前は、こういった状況下でのイベント参加について、どのように思われていましたか?

【ないる】不安は感じていました。どれだけ運営の方や参加者の皆さんに気をつけていただいても、コスプレイヤーはマスクをつけられませんし、自己防衛が難しくて。参加したいのは山々ですが、今回は見送ったほうがいいかもしれないな…と考えていました。

――実際に中止が発表されたときのお気持ちは?

【ないる】実際のところ、少しホッとしました。『コミケ』はもちろん大好きなんですけど、参加に伴うリスクを考えると、やっぱり怖いな…と思う気持ちも大きくて。中止が発表されるまで、悩んでいたレイヤーは多いと思いますよ。

――そうした現状を踏まえて、いま現在、コスプレに関してはどういった活動をされていますか?

【ないる】いまはTwitterやFantia(ファンクラブサイト)をこまめに更新したり、YouTubeチャンネルを開設するなど、家にいながらできる活動に力を入れています。コスプレイベントが再開したときに向けて、できることを探してやっている感じですね。それと、いざ活動を再開したときに、体重が増えていると嫌なので、Nintendo Switchの『リングフィット アドベンチャー』でダイエットにも励んでいます(笑)。

■SNS上でのコミュニケーションのツールとして、コスプレを楽しんでほしい

――不要不急の外出自粛が呼びかけられている昨今、自宅でも楽しめる“宅コス”は、注目されるべきコンテンツだと思うのですが、どう思われますか?

【ないる】お家でコスプレを楽しむのは本当におすすめです。今は通販でも衣装が手に入りますし、情報も検索すればすぐに手に入ります。それにコスプレは、SNSを使えば友だちやフォロワーさんとのコミュニケーションの手段としても活躍してくれます。

――外出規制の中のストレスの発散にもなっていますか?

【ないる】はい。もしコスプレがなかったら、私の場合は在宅ワークで仕事をしたあと、誰ともしゃべることもなく、ただゲームをしたり、アニメを見て寝るだけの生活になっていたと思うので…。そういう意味でも、コスプレをしていて良かったなと痛感しています。

――もともと宅コスは、どれくらいの頻度でされていたのでしょう?

【ないる】キャラクターのコスプレはほとんどできていませんが、オリジナル衣装での自撮りは週に1回くらいのペースで続けていました。

――宅コスは背景に生活感が出てしまいそうですが、そうした問題は、どのように解決すれば良いのでしょう?

【ないる】撮影のためのスペースをなかなか作れない場合、白壁や白い布を背景にするだけでもいいと思います。私はあまり気にしていませんが、荷物をどかしてスッキリさせれば、意外とどんな背景でも違和感なく撮影はできますよ。

――お送りいただいた宅コス写真のなかには、メイド衣装で料理をされているものもありましたが、こちらは逆に、生活感をうまく活かした1枚ですね。

【ないる】いつもより家にいる時間が多く暇だった…ということもあり、メイド服を着てカレーを作ってみました。料理が写っていたほうがそれっぽいかな? と思い、後ろに鍋が見えるように撮影しています。ふだんからよく料理はするので、キッチン周りが汚れていたんですけど、そのままだと見栄えがよくないと思い、めちゃくちゃ綺麗にしたのは秘密です(笑)。

――率直なご意見、ありがとうございます。それでは最後に、宅コスを検討中の皆さんに向けて、ひと言お願いします。

【ないる】外出したり、人と会うことができないこんなときだからこそ、暇つぶしのような軽い気持ちで宅コスに挑戦してみてほしいですね。大勢の方にコスプレの魅力を知ってもらえたら嬉しいです。気分転換にもなるし、SNSを通しての交流も楽しいので、いつかまた、コスプレイベントが再開されるときに向けて、皆で盛り上がりを継続していけたらいいな…と思っています。


取材・文=ソムタム田井