俳優・大泉洋が劉備玄徳役で主演を務める映画『新解釈・三國志』(12月11日公開)の追加キャストとして、黄天の逆賊・黄巾役を山田孝之、三國志最強の鬼神・呂布役を城田優、酒池肉林の暴君・董卓役を佐藤二朗が演じることが3日、発表された。

 同映画は、中国・後漢時代に魏、呉、蜀の3国が中国の覇権を巡り群雄割拠していた史実をまとめた書物『三國志』をオリジナル脚本で映像化。『今日から俺は!!』、『勇者ヨシヒコ』、『銀魂』シリーズなどを手掛けた福田雄一監督がメガホンをとり、大泉が「蜀」の武将・劉備、ムロツヨシが諸葛孔明、関羽を橋本さとし、張飛を高橋努が演じる。

 黄色い頭巾を巻いて暴動を起こした反乱軍として、『三國志』誕生のきっかけとなる「黄巾の乱」を起こしたとされる黄巾党の一人、黄巾を演じる山田は、ぼやき続ける劉備との掛け合いシーンも。「望み続けた大泉洋さんとの共演! 求め続けた大泉洋さんのキレのあるツッコミ! もうしびれました!」と笑顔。「ありがとう福田雄一! 少ない絡みだったとしても僕は多くを望みません! 夢がかないました! もう思い残すことはありません! さようなら! バイバイみんな! 大泉洋バンザイ!」と喜びのコメントを寄せた。

 董卓と行動を共にする、武芸を極めた天下無双の将軍・呂布役の城田は「確か3年ほど前、福田さんと2人でご飯を食べているときに『城田くん! 今度映画で佐藤二朗と絶世の美女を取り合ってほしい!』とオファーをいただき、なんのことかよくわからないまま『面白そうですね!!』とお答えしました。蓋を開けてみれば、最強の男“呂布”を演じさせていただけるだなんて、なんたる光栄なこと!!」と驚き。

 最強の将軍役だが「ただ強くてカッコいい男を演じるだけで終わるわけがありません。笑いを耐えるのが、福田組での最も難しいミッション。乗馬の訓練より、殺陣の稽古より、現場で表情筋をコントロールし、平常心を保ちながら芝居を続けることが1番大変でした」と福田組ならではの雰囲気を明かしている。

 とてつもない残虐さと冷酷さで暴君として名高い董卓を演じる福田組常連の佐藤は「撮影が終わった瞬間、自分が何をやったか記憶がないんですね。なんなら撮影中も記憶がないんですね。大丈夫か俺。なので正直、今回も自分が何をやったか覚えてないんですね。ごめんなさい。とにかく三國志ファンの方々に怒られないよう、そしてこんな時期だからこそ、あっけらかんと笑って欲しい、そう思っとります」と話した。