お笑いコンビ・天竺鼠の川原克己が、3日放送の『家-1グランプリ2020 〜お笑い自宅芸No.1決定戦〜』(「ABEMA」特別番組)で優勝し、初代王者に輝いた。

 同大会は、吉本興業が開催する「吉本自宅劇場」の第1弾企画で、自宅でできるお笑いコンテストの決勝大会を生放送する特別番組。実行委員会による選出枠のほか“自宅の中からとにかく面白いことをする”という審査基準を満たした動画でエントリーが可能。優勝商品は「家賃1年分」と「ABEMA冠特番」。プロ・アマチュア問わない視聴者参加型の賞レースをとなる。

 前代未聞ともいえるお笑いバトルの予選を勝ち抜いたファイナリスト20人。さらに決勝ラウンドに川原のほか、吉松ゴリラ、守谷日和、マヂカルラブリー・野田クリスタル、霜降り明星・せいやの計5人が駒を進めた。

 リモート芸でも俳優・岸部四郎の等身大ポスターや、先輩芸人の海原やすよ・ともこの写真など小道具を連発し“河原ワールド”をさく裂。大会後のオンラインインタビューでは「腹式呼吸が勝因です。自由に何でもしてもいい。僕にとってはすごいありがたいことでしたね」と勝者の笑みを浮かべた。

 初の試みながら、M-1王者の霜降り明星・せいや、R-1王者のマヂカルラブリー・野田ら実力派が多数出場するなど、活気ある大会となった。川原は「本当にみんな大変な時期なので、少しでも笑いを提供できたならうれしいです」と語りつつ、優勝特典の「ABEMA冠番組」の構想を問われると「スポーツエロ番組をやりたい。オフサイドギリギリのところでやらしいことをやります」と白い歯を見せていた。