俳優の岡田将生と志尊淳がW主演、元欅坂46の平手友梨奈が共演する映画『さんかく窓の外側は夜』(10月30日公開)。主題歌はアーティスト・ずっと真夜中でいいのに。の新曲「暗く黒く」に決定したことが6日、わかった。映画主題歌を担当するのは初となる。

 原作は、販売部数が100万部を突破している女性漫画家・ヤマシタトモコ氏による同名のミステリーホラー漫画。岡田が除霊師・冷川理人、志尊は幼いころから幽霊が見える体質に悩まされている書店員・三角康介を演じ、心霊探偵バディを組んだ2人が不可解な連続殺人事件の謎を追うことになっていく。メガホンをとるのはテレビ朝日系ドラマ『時効警察はじめました』などの演出を手掛ける森ガキ侑大監督。

 ずっと真夜中でいいのに。は、作詞・作曲・ボーカルをつとめるACAね(アカネ)が手がけていること以外、詳細が不明なアーティスト。原作漫画のファンであることに加え、映画タイトルとアーティスト名に“夜”が共通することから主題歌を担当する流れとなり、本作のために新曲を書き下ろした。

 主題歌「暗く黒く」は、アルバム『朗らかな皮膚とて不服』(8月5日発売)には収録されず、リリース情報は後日発表される。