韓国の7人組グループ・BTSが、アメリカ時間6月6日にYouTubeオリジナルでオンラインで開催されるオンライン仮想卒業式「Dear Class of 2020」に参加することが発表された。

 YouTubeは2020年に卒業する世界の大学生や高校生、そして彼らの家族をお祝いするために今回の仮想卒業式を企画。YouTubeが卒業式関連イベントを開催するのは今回が初めてとなる。

 仮想卒業式にはBTSをはじめ、バラク・オバマ元アメリカ大統領とミシェル・オバマ、Google CEOのサンダー・ピチャイ、アーティストのレディー・ガガ、人権運動家のマララ・ユスフザイ、ロバート・ゲーツ元アメリカ国防長官、コンドリーザ・ライス元アメリカ国務長官などが出演。K-POPアーティストとしてはBTSが唯一招待リストに入った。

 BTSは特別演説者として出席するほか、さまざまなアーティストと仮想卒業式のアフターパーティーでパフォーマンスを披露する予定。そのほか、アーティストのアリシア・キーズ、ケリー・ローランド、クロイ&ハリー、ゼンデイヤ、俳優のケリー・ワシントンなどが出演する。