ワーナー・ブラザース テレビジョン & ホームエンターテイメントは、5月4日のスター・ウォーズの日を祝して、今年発売予定のゲーム『レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』(プラットフォーム:Nintendo Switch TM / PlayStation4)のキービジュアルを公開した。

 公開されたアクション感の高いキービジュアルの背景には、プレイヤーが身を投じることになるスター・ウォーズの伝説的な戦いが描かれている。クローン戦争の幕開けとなるジオノーシスの戦い、そして同盟軍のスノースピーダーに乗って帝国の危険な地上軍に挑むホスの戦いは、多くのファンにとっても印象深いはず。今夏、追加情報も届く予定だ。

 同ゲームは、Lucasfilm Gamesと連携し、TT Gamesが開発する、過去最大規模の「レゴ スター・ウォーズ」ゲーム。1本のゲームで、シリーズ完結編『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を含む、「スカイウォーカー・サーガ」全9作品のストーリーを網羅。レゴ独自のおもしろさとユーモアのレンズを通して、忘れられないあの名シーンとノンストップアクションを体験し、銀河系で独自の冒険を楽しむことができる。

 プレイヤーは、自分の好きな順番でゲームを楽しめることが特徴。『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』から始めるもよし、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のオリジナル3部作から始めるもよし、はたまた、「レゴ スター・ウォーズ」ゲームシリーズに今回初めてお目見えする『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』や『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』でも、どの作品からでもゲームを開始することができる。

 クローン大戦開戦の惑星「ジオノーシス」の砂漠から、ヨーダの隠遁地で知られる「ダゴバ」の沼、そして『フォースの覚醒』に登場した「スターキラー基地」の雪原に至るまで、さまざまな惑星を好きな順番で行ったり来たりが可能。

 「スカイウォーカー・サーガ」のあらゆる時代の偉大なレジェンドをはじめ、「レゴ スター・ウォーズ」ゲームシリーズの中で最も多くのキャラクターが登場する。ルーク・スカイウォーカー、レイ、オビ=ワン・ケノービ、フィン、BB-8など、おなじみのヒーローで悪の勢力に立ち向かうことも、ダース・ベイダ―、パルパティーン皇帝、カイロ・レンなどのダーク・サイドとして暗躍することも。

 さらに、ミレニアム・ファルコンに飛び乗って光のスピードで帝国軍を追い抜いたり、レジスタンスのXウイングを操り、ファースト・オーダーのタイ・ファイターと戦ったり、タトゥイーンではポッドレースが楽しめるなど、スター・ウォーズシリーズに登場するさまざまな乗り物で銀河系を自由自在に飛び回ることができる。

(C) & TM Lucasfilm Ltd. All rights reserved. TM & (C) Warner Bros. Entertainment Inc.(s19)