4月21日に3ヶ月で復刊を果たし、売れ行き好調で、発売からわずか2日間で重版した雑誌・月刊『映画秘宝』が、重版分の部数も含めて完売したことが7日、わかった。

 復刊号では編集部が独断と偏見で勝手に決める2010年代映画ベスト10を発表したほか、町山氏が語る元気が出る映画、荒井晴彦氏が選ぶ10年代日本映画ベスト&ワースト10、アメコミ映画ベスト武装ファッション10選のほか、女優・のんが選ぶ元気100倍映画3選、『カメラを止めるな!』で知られる上田慎一郎監督のハートウォーミング映画5選、格差社会ホラー10選、志村けんさんの爆笑コントガイドなどが収められている。

 また、21日に発売予定の7月号では、『時をかける少女』(83年)などを手がけ、4月10日に肺がんのため82歳で亡くなった映画作家・大林宣彦さんの軌跡を特集。さらに、12日に55歳で死去したアニメ『クレヨンしんちゃん』の野原ひろし役で知られる声優・藤原啓治さんの功績も取り上げる。