TOKYO MXは7日、4月15日より放送している、休校中の小学生の生活や学習の習慣づけを支援する番組『TOKYO おはようスクール』を来週11日以降も継続して放送することを発表した。今月29日までを予定している。

 同局では、4月7日に7都府県に発令された緊急事態宣言を受け、休校が続く小学生のために、番組を制作・放送。このたび、緊急事態措置の実施期間が延長されたことに伴い、番組の放送期間も延長するとことした。

 子どもたちが番組を見て一日をスタートさせ、生活のリズムを整え、自分に合った学習を進められるようになってもらうことを狙いとしており、テレビの前で楽しみながら学習できるさまざまなコーナーを制作。

 番組MCには、『おかあさんといっしょ』(NHK)11代目“体操のお兄さん”として子どもやその保護者に絶大な知名度を誇る、タレントの小林よしひさを起用。東京都教育庁職員や都内公立学校教員などが出演し、新型コロナウイルス感染症予防のためのトピックや、家庭でできる簡単な運動、国語・算数のミニ学習コーナーなどを放送している。

 番組は、スマートフォン用アプリ/Webサイト「エムキャス」でも同時配信。放送から1年間アーカイブ配信も行っており、日本全国 (※一部地域除く)で視聴可能となっている。

■放送情報
放送チャンネル:TOKYO MX1 ※「エムキャス」で同時配信 ・見逃し配信
放送期間:5月11日〜 5月29日の期間の月曜〜金曜
放送時間:前8:30〜9:00、後2:56〜2:58
※5月27日(水)は午後の放送なし

■主な内容予定
●朝の放送
学校で行われる“朝の会”をイメージ。あいさつや、子どもたちへの励ましのメッセージ、新型コロナウイルス感染症予防について知るコーナー、家庭でできる簡単な運動、国語や算数のミニ学習コーナー、クイズコーナーなど。
●午後の放送
“帰りの会”をイメージし、朝の放送で出されたクイズの答えや、翌日の予告など。

※上記の内容は都合により変更となる場合がある。