お笑いコンビ・千鳥が、ABEMAのバラエティー『チャンスの時間』(毎週水曜 後11:00)の6日放送分に出演。今後芸能界で天下を取るために必要なノブの“ブチギレ力”を鍛えるべく、お笑いコンビ、ザ・マミィの酒井尚に仕掛けた“ブチギレドッキリ”を仕掛けた。

 同番組は、誰もが「言われてみれば気になる」と感じてしまうような身近にあふれる疑問を、MCの千鳥と一緒に“クセの強い対決"で、実際に検証し、真実を明らかにしていく。今回はタレントの井口綾子をスタジオゲストに迎え、「千鳥ノブのブチギレシミュレーション」を実施。演出や役者としても活躍するお笑いコンビ・かもめんたるの岩崎う大による演技レッスンと、ドッキリに挑戦した。

 早速、講師のう大とノブの2人きりでの演技レッスンがスタート。まずは実力を見るため、う大の「家に帰ったら愛猫が死んでいた」というお題に沿って、即興演技をすることに。リアルさを追求するう大は「照れてますね」「ダメですね」「笑いを求めてる」と、ノブにガチダメ出し。どうしても恥ずかしさを拭えないノブは「『陽気なバカが急に悲しむ緩急』というのでいってみてもいいですか?」と新たな演技プランを提案するが、その演技を目にしたう大に「これだと僕が来てる意味がないと思うんですよ」と一蹴され、撃沈した。

 キレる演技の指導では、スタジオセットの壁に描かれたピエロに対してキレることになったノブだが、ここでもう大の評価は得られず。ノブはたまらず別室で見守る大悟らのもとへ駆け寄ると「ヘビやん。巻きつかれとんよ」と、決して妥協を許さないう大から受ける重圧を明かし、「企画変わってんねん。ごっついど」とグチをこぼした。その後、「最後に決めてくれ」と、大悟に背中を押されたノブは、渾身の“ブチギレ”演技を披露し、う大もようやく「すごく良くなってますね」と評価。演技レッスンを終えたノブは「(演技が)ちょっとうまなりよるよ。あの人すごいよ」と、う大を絶賛した。

 番組後半では、ザ・マミィ・酒井へのブチギレドッキリを決行。人気企画「千鳥とコントがしたい」のニセオファーを受け、やる気満々で登場した酒井に対して「よく分からん」「やろうとしてることが違う」とコントの打ち合わせをしながらキレ始めるノブ。レッスンのかいもあり、徐々に追い詰めていくノブの演技にスタジオの空気が凍りついていくが、途中、酒井がコント本番用の衣装に着替えたことによって、事態は一変。ワンピースを着て再登場した酒井の姿に、ノブは笑いを堪えきれず。なんとか「もうええ」と立ち上がり背中を向けると、一呼吸置いて演技を続行。笑ってしまったことにより、スタジオには「ドッキリ失敗か?」という空気が流れるが、当の酒井は「ごめんなさい! すいません!」と大慌てする。

 そこへ「ドッキリ大成功!」のプラカードを持ったノブが再び現れると、酒井はまさかの大号泣。大悟は「そんなわけがない! こんなんで引っかかるわけがない!」と抗議するが、「僕すごい怒られてさ」「すごい楽しみにしてたのに」と大号泣する酒井にスタジオは大爆笑。予想外な展開に終わった放送の模様は「ABEMAビデオ」で放送後7日間、無料で視聴可能となっている。