お笑いコンビ・ナインティナインの矢部浩之(48)が、7日深夜放送のニッポン放送『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン(ANN)』(毎週木曜 深1:00)に生出演。先月23日深夜放送の同番組内での発言をめぐって、先週の放送で相方・岡村隆史(49)を“公開説教”したが、2週連続で相方のために出演した。

 岡村が「きょうも実は相方が」と切り出すと、矢部が登場。「今回のことで本当に申し訳ございません。我々、2時間しゃべらせていただきます。生のラジオで電波です。しゃべったことがまたあしたテレビとかで、耳に入って、それで違和感を覚えられる方もいらっしゃる可能性もありますので、先に謝らせてください。関係者スタッフを含めて、同じ気持ちです」とことわりを入れた上で、2人そろって謝罪した。

 岡村は「相方にも謝罪させて、申し訳ない気持ちでいっぱいです」と改めて反省の弁。その後は、リスナーから寄せられたメールをもとに、2人の関係性にフォーカスを当ててトークを繰り広げていった。

 先月23日放送の同番組内で岡村は、新型コロナウイルスの影響で収入が減った女性が、収束後に短期的に収入を得るために風俗業に携わる可能性があると発言した。放送後から「女性蔑視」「性的搾取」などの批判が集まり、27日にはニッポン放送が『ANN』の番組公式サイトで謝罪。30日放送の『岡村ANN』では岡村本人が番組全体を使って謝罪の言葉を繰り返し、途中から矢部も登場して、岡村の性格の問題点を次々と指摘した。