お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史(49)が、7日深夜放送のニッポン放送『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン(ANN)』(毎週木曜 深1:00)に生出演。先週に続き、この日も相方の矢部浩之(48)も登場。今回の発言をめぐって、改めて2人で謝罪した上で、出会いのきっかけとなった高校時代のエピソード、矢部が2014年9月にANNを卒業した際の思いなどを語り合った。

 冒頭は、岡村がひとりで「先週、相方(矢部浩之)が来てくれて、自分が気づかなかった点ですね。ダメなところ、アカンところ、指摘してくれました。生き方を変えなさいと言われました。やっぱりここは自分が変わること、考え方とか、人との関わり方もそうです。特に女性の方々に対する向き合い方というんでしょうか。そういうところを変えていかないといけない」と現在の心境を吐露。

 続けて「いつからかはわからないんですけど、ラジオで言ったことがネットニュースになることが多くなりました。radikoとかたくさんの人がラジオに触れる時代になっていたと思います。そういう時代の変化にも、逆らうというか、昔からのラジオにこだわりすぎて、今までやってきすぎてしまった思いもあります」とラジオを取り巻く環境の変化に言及。そして「改めて今、このラジオを変えていきたいという風に思います。僕はラジオが好きです。この気持ちだけはこれからもずっと変わることはないと思っています」と率直な思いを打ち明けた。

 その後、矢部が登場し「今回のことで本当に申し訳ございません。我々、2時間しゃべらせていただきます。生のラジオで電波です。しゃべったことがまたあしたテレビとかで、耳に入って、それで違和感を覚えられる方もいらっしゃる可能性もありますので、先に謝らせてください。関係者スタッフを含めて、同じ気持ちです」とことわりを入れた上で、2人そろって謝罪。岡村は「相方にも謝罪させて、申し訳ない気持ちでいっぱいです」と改めて反省の言葉を口にし、その後はリスナーから寄せられたメールをもとに、2人の関係性にフォーカスを当ててトークした。

 そうした中で、矢部がナイナイANNを卒業することになった経緯を改めて説明。2010年、岡村が5ヶ月間の休養に入った際、矢部はひとりで番組を続けて、助っ人ゲストとともにANNを行ってきたが、岡村の復帰後に達成感のようなものを感じてしまったと告白。「ひとりでいけるかと思って、リスナーやゲストの助けもあって、楽しくなってきて。半年くらいで帰ってきて、ホッとしたら何なんやろ、また気持ちが前に戻るかと思ったけど、違った。直って上り調子になって、オレがまた『2人でやろう』とならなかった。安心したと言うか。ハッキリ言ってくれてと言われたら、楽しくなくなった」と打ち明けた。

 一方、岡村は「ラジオを卒業しようと思ってると言った時、本来なら引き止めるとかしないといけなかったのに、今となっては間違ってるけど(矢部が)ラジオに対するモチベーションがなくなったと思ってしまった」と微妙なすれ違いがあったと回顧。「卒業しようと思ってると言われたら、すぐにわかったと言ってしまった。オレはまだラジオに出たいと思うと伝えた」と相方を引き止めなかった自分をくやんだ。

 それぞれが感じていることをまっすぐに言葉にしていった後、高校時代の思い出話を披露。岡村はエンディングで「きょうもまた来ていただいて、本当に遅くまで申し訳なかったです」と矢部に感謝の思いを伝え「わかることがいっぱいありました。ホンマに変えていくという気持ちに変わりないです。だから、相方が来てくれたから、サッカーの話になってしまって、変わってないやんってなるかもしれないですけど、本当に変えていくつもりでやりたい。何とかやっていきたい」と決意を新たに。

 矢部から「ネタはがきとかいいんじゃないですか?」と向けられると「はがきのコーナーがストップしてしまっていますので、職人のみなさんももう少し待っていただいて…」と呼びかけ。ネタはがきの採用数に応じてランキングを発表し、自身がネタ中に読み間違えると謝罪して私物をプレゼントするなど、リスナーの投稿に重きを置いている岡村だけに「こうしようと考えているところなので、ちゃんと発表できるようになるまで、もう少しだけ待っていただきたい」とアナウンスした。

 その上で、岡村は「先週と今週とまた来てもらって、こうやってラジオでしゃべることができて、本当に何かまた思うことがいっぱいできました。また、さらにいろいろと考えて、ラジオに向き合っていきたいと思いました。相方が来てくれたことでわかったことがあります。整理してラジオに向き合っていきたい。リスナーのみなさんにも向き合っていきたい。本当にありがとうという気持ちです」とコメント。最後は「わーわー言うとります」「お時間です」「さようなら」といつものフレーズを2人で発して締めくくった。

 先月23日放送の同番組内で岡村は、新型コロナウイルスの影響で収入が減った女性が、収束後に短期的に収入を得るために風俗業に携わる可能性があると発言した。放送後から「女性蔑視」「性的搾取」などの批判が集まり、27日にはニッポン放送が『ANN』の番組公式サイトで謝罪。30日放送の『岡村ANN』では岡村本人が番組全体を使って謝罪の言葉を繰り返し、途中から矢部も登場して、岡村の性格の問題点を次々と指摘した。

 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。