ハリウッドを代表する女優シャーリーズ・セロンが主演する最新アクション映画『オールド・ガード』がNetflixで7月10日より独占配信されることが決定。シャーリーズ演じる主人公アンディらの場面写真が初解禁された。

 同映画は、何世紀にも渡り、秘密裏に人類を守り続けてきた不死身の傭兵たちからなる特殊部隊を率いるアクション・ヒロインの戦いの物語。ある日、緊急任務のために召集された彼らの能力が何者かによって暴かれ、その能力を複製しようと企む謎の組織から狙われることに。手段を選ばない組織の脅威に立ち向かう部隊と人類の運命はアンディと仲間たちに託されていく…。

 主演のシャーリーズは、第88回アカデミー賞で最多6部門を受賞した映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』で戦士フュリオサ役でカリスマ的な魅力を持ちながらも壮絶なアクションを演じ、『ワイルド・スピード ICE BREAK』、『アトミック・ブロンド』を経て、一躍アクション女優としての注目を浴びている。

 原作は「スーパーマン」、「ワンダーウーマン」、「ウルヴァリン」などのアメリカンコミックライター、小説家として活躍してきたグレッグ・ルッカによるグラフィックノベル。グレッグは、本作の脚本・製作総指揮も務める。

 監督は、『ワン・オン・ワン ファイナル・ゲーム』『Beyond The Lights (原題)』などで注目を浴びた女性監督ジーナ・プリンス=バイスウッドがアクション作品に初挑戦。シャーリーズの魅力あふれる全く新しいアクション・ヒロイン像を描き出す。

 共演は、『ビールストリートが話せるなら』のキキ・レイン、『アラジン』のマーワン・ケンザリ、「ハリー・ポッター」シリーズのハリー・メリング、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のベロニカ・グゥ、『それでも夜は明ける』のキウェテル・イジョフォーら。

 解禁された場面写真には、不死身の傭兵たちからなる特殊部隊のチームを引き連れて、斧を背負い颯爽と銃を構える主人公アンディの凛々しい姿があり、壮絶な戦いの幕開けを予感させる。また、不死身の体を持ち永遠に生きることの意味と、アンディと仲間たちが持つ苦悩や葛藤も繊細に描いたストーリー展開にも注目だ。