多くの人が“日常”から遠く離れた現実に向き合っている今、テレビや映像メディアもかつてない激変の真っただ中にある。リモートで収録する手法が活発化したり、タレントたちがSNSで自撮りの映像を発信したり。そんないまの状況や今後について、局もジャンルの垣根も越えて語り尽くす特番『あたらしいテレビ 徹底トーク2020』が、NHK総合で10日(後11:00〜深0:00)に放送される。

 パネリストは、佐久間宣行氏(テレビ東京 プロデューサー)、土屋敏男氏(日本テレビ シニアクリエイター)、野木亜紀子氏(脚本家)、疋田万理氏(メディアプロデューサー)、ヒャダイン(音楽クリエ イ ター)、フワちゃん(YouTuber芸人)。語りは、松本まりか(俳優)。進行はNHKの杉浦友紀アナウンサー。

 フワちゃんは、NHKの討論番組に初出演。YouTubeとテレビのバラエティー番組の垣根を越えて活躍するフワちゃんだからこその視点で議論に参加した。そして、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(原作:海野つなみ)で注目された脚本家の野木氏は、フィクションの作り手としてどのように社会と向き合うか、自らの姿勢を語る。

 「電波少年」シリーズでおなじみの“T部長”こと伝説のプロデューサー・土屋氏は、現在の状況をテレビ人生最大の衝撃として捉え、テレビ制作者たちに奮起を促す。

 5月頭の番組収録は、出演者やスタッフの安全と健康に配慮し、完全にリモート で行われた。出演者たちは、それぞれの自宅や会社にいながら、オンライン通話アプリで互いにやりとり。話題は、インスタライブがもたらすもの、ドラマの再放送の可能性、星野源の「うちで踊ろう」についてなど、おおいにふくらみ盛り上がった。 約3時間におよぶ収録を終えた出演者たちは、最後には「オンライン打ち上げしましょう!」「 いつかリアルで会いましょう!」と約束を交わしていたという。

■フワちゃん、収録後の感想
 「収録時間爆長い! 爆疲れたけど、爽快感があった。みんなでアイデア出したり、『いまこういうのがダメだよね』『こういうのは逆にいいよね』って頭ひねって考えていくっていうのが、いままで経験したことのない面白さで、爽快感のある収録。みんなでマラソン完走しちゃった、みたいなノリ。駅伝? なんか、たとえうまくいってないけど、だいじょぶかなわら」

■野木亜紀子氏、収録後の感想
 「いろんな世代の方がいて面白かったですね。フワちゃん、元気でいいなぁ、まぶしいなぁと思いながら参加してました。コロナウイルスのことがあるよりも前から、SNSの台頭によってテレビの存在意義が変わってきた状況があって。そうした中で今回のことが起こって、テレビが変わるいい機会なのかもしれないと思いました」