“令和仮面ライダー”シリーズの第1作として注目を集める『仮面ライダーゼロワン』(毎週日曜 前9:00)と、スーパー戦隊シリーズ史上最もキラキラしたヒーローの『魔進戦隊キラメイジャー』(毎週日曜 前9:30)が新型コロナウイルス感染拡大の影響で撮影スケジュールに変更が生じているため、当面の間、新作の放送を延期。17日の放送分から特別編成で放送される。

 『仮面ライダーゼロワン』では、17日から3週にわたって、仮面ライダーゼロワンの誕生から現在までの戦いを振り返る特別編を送る。17日と24日は『プレジデント・スペシャル PART.01&PART.02』と題して、仮面ライダーゼロワン/飛電或人(高橋文哉)と秘書ヒューマギアのイズ(鶴嶋乃愛)の視点から物語をたどる。今作のために録りおろした2人のナレーションによる掛け合いで進行する。この掛け合いそのものに、“あるドラマ”が仕掛けられ…。現時点で明かされているのは、“イズの様子がいつもと違う”ということだけ。いったいどんなドラマが秘められているのか!?

また、31日は『シューティング・スペシャル』と題して、仮面ライダーバルカン/不破諫(岡田龍太郎)の視点から物語を振り返る。ダイナミックな戦闘シーンをふんだんに盛り込んだ、この特別編も見逃せない。

 『魔進戦隊キラメイジャー』は、17日に『エピソードZERO』、24日に『1.2話未公開カット蔵出し いまいちどスタートダッシュSP』を放送。17日に放送する『エピソードZERO』は今年2月に劇場公開された映画で、今回、異例のスピードでのテレビ初放送が実現。キラメイジャー誕生の秘話が明らかになる前日譚となる。

24日の『1.2話未公開カット蔵出し いまいちどスタートダッシュSP』は、タイトルの通り、第1話と第2話をベースに、放送されていない未公開カットを追加編集した特別編で本来なら門外不出の映像を解禁。新たな映像が加わることによって、これまでのストーリーが深みを増して見えてくる必見の内容となっている。

 テレビ朝日は「今後も両番組とも、工夫をこらした特別編を企画中です。キャスト、スタッフ一同、皆さんに1日でも早く新作をお届けできる日が訪れることを祈っております。それまでは、ぜひ特別編をお楽しみください。なお、新作の放送日は決定次第、改めてお知らせいたします」とした。

 『キラメイジャー』においては、キラメイレッド/熱田充瑠を務める小宮璃央が3月31日に新型コロナウイルスに感染していることを発表。4月9日に退院し、2週間の自宅をしていた。