元プロレスラーの長州力(68)が10日、東京・ニッショーホールで行われた『蝶野正洋35周年フォーラム〜新型コロナウイルス感染予防啓発〜』に出席。長州のマスクのサイズが合ってないことをプロレスラーの蝶野正洋(56)にツッコまれる場面があり、報道陣の笑いを誘った。

 冒頭、蝶野から「長州さん、そのマスクはサイズがまったく合ってないんですけど…。それはアベノマスクですか?」と時事ネタを絡めて向けられると「これは家内のやつ。オレのは干してきた」とあっけらかんと告白。

 外出自粛が続いているため、一日中家にいるという長州は「近所のコンビニに行くくらいかな? あと夕方から、道場に電話して『密にならないように』って(伝えている)。あとは遅い時間に体を動かすくらい。6月でリングを降りて1年。もうそろそろ身体を動かさないと」と気を引き締めた。

 新型コロナが収束後にやりたいことについては「やりたいことはいっぱいあるよ。暑いところ行きたいよね。どっか島に行きたい」とにっこり。一方、蝶野は「海外に行きたい。アメリカ、ドイツ!」と笑顔で話していた。

 フォーラムは、蝶野のデビュー35周年に関連したもの。新型コロナウイルス感染予防に加え、蝶野正洋がこれまで取り組んできた地域防災・AED救命救急の啓発を行う。特別ゲストとして長州、YouTuberのカジサックとのトークが、蝶野の公式YouTubeチャンネルにて配信される。