お笑いコンビ・ラブレターズの溜口佑太朗によるライブイベント『溜口スーパードリームショー〜世界で一番熱い夏〜 presented by お笑いナタリー』が、7月8日に東京・北沢タウンホールで開催される。

 同ライブでは、溜口が歌ったり踊ったり、1人コントや人情劇などを披露したりしながら、ほかでは味わえないエンタテインメント空間を提供するもの。出演者には溜口のほか、溜口のソロライブで毎回“スーパーMC”を務めているピン芸人・タッカーノや、同じくピン芸人・肉体戦士ギガ、女性コンビ・ターリーターキーの玉遥香というおなじみキャストに加え、ザ・ギースの高佐一慈によるハープ演奏も決定した。

 今回のライブ決定を受けて、溜口がコメントを寄せた。

■溜口佑太朗
ラブレターズの溜口佑太朗です。僕はこれまで『溜口スーパーディナーショー』『溜口スーパービッグショー』『溜口スーパーディナーショー“2020”』と3度のスーパーショーを行って参りました。
これまでのショーでは、歌を歌ったり、コントをしたり、時には、僕が食事をしているところをお客さんにただ見てもらったり、博士にもらった薬を飲んで自分の身体が異常に大きくなってしまったり、ライブ中にザ・ギースさんに襲われて手榴弾を投げて撃退したりしました。
3度のライブを重ねて、お客さんからは「よくわかんないけどすごく楽しかった」「終わった瞬間にライブの記憶が無くなった」「なんで私はここにいるんだろう」という声がたくさん届く、そんなライブに成長しました。
この誰でもトリップできるライブに、今回ナタリーさんが手を挙げてくださり、北沢タウンホールという有り難いステージで「溜口スーパードリームショー」を開催する運びとなりました。強力バックアップを受けた溜口スーパーショーのネクストステージは、世界(ワールド)へと向かっていきます。
皆様、一緒にいかがですか? 今まで以上に、歌のチカラ、届けたいですね。