テレビ朝日×ABEMA初の共同制作ドラマ『M 愛すべき人がいて』(毎週土曜 後11:15〜深0:05)。4月クールのドラマの中でも突出した話題を振りまいてきたこのドラマも、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、撮影スケジュールに変更が生じて、9日に予定されていた第4話の放送が延期となり、代わりにタレントの伊集院光と古市憲寿の副音声付きで第1話のリミックスverが放送された。

 ネット上には、《古市と伊集院の副音声なしじゃもう見れない》といった声も。原作の題材となった浜崎とエイベックス代表取締役会長CEOの松浦勝人氏と交流のある2人の“相当マニアックで香ばしい番組解説”は概ね好評だったよう。

 同ドラマは、歌姫・浜崎あゆみが誕生するまで、そしてそこに秘められた出会いと別れを描いた同名小説(著:小松成美/幻冬舎)を原作に、鈴木おさむ氏が脚本を手掛け、アユとマサの純愛に加え、鬼トレーナーのしごき、過酷なデビュー争い、壮絶な嫌がらせ、そして恋路を阻む強敵たちとの戦いといったドキドキハラハラする要素を満載して映像化したジェットコースター・ラブストーリー。

 古市は、アユ役・安斉かれんの第一声からくいつき、「いわゆる普通のドラマじゃなくてちょっと『仰天ニュース』の再現ドラマみたいな、ああいう感じですって宣言された気持ちです」とぶっこむと、伊集院も「仰天ニュース、アンビリバボー、もしくは最終的には青汁のコマーシャルなんじゃないかっていう香ばしさ」と反応。

 ドラマオリジナルキャラクターであるマサの秘書・礼香役の田中みな実のシーンになると、2人は「きたッ!」「通りもん(福岡を代表する名菓)」と大喜び。とくに伊集院は「僕の中で、Mのタイトルの意味するものはみな実のMと思ってるぐらい」と、田中の熱演にハマっているようで、「他のキャストはいくつかある引き出しの内の一つだが、田中みな実は1個しかない引き出しをあの役につぎ込んでるからすごい。田中みな実の健気さを感じる。監督の要求通りにパーフェクトにやった結果、香ばしくなる」とコメント。決めぜりふ(?)「私の目の代わりになってくれるって言ったよね」は、「Tシャツにしてほしい」と熱望した。

 白濱亜嵐演じる新米プロデューサーの流川が「きみ、かわうぃ〜ね!」とディスコで女性たちをスカウトするシーンでは、伊集院が「実際あの頃いたチャラい人っていうよりは、藤森くんっぽい」とオリエンタルラジオの藤森慎吾の影響を指摘。新納慎也演じる人気プロデューサー・輝楽天明については「一周まわってぺこぱみたい」と言いたい放題だった。

 伊集院は、随所に観られる大映ドラマっぽさ、それさえも凌駕する「日本昔ばなし」レベルの演出に踊らされていることを感じつつ、「これ、ツイッターとかネット上やSNSで実況しながら見る方がいいですよね。盛り上がる」と副音声企画を満喫。古市も「ここまでネット実況向きのドラマは珍しい」と話していた。

 一方で、古市は「20年後もなんだかんだあっても松浦さんと浜崎さんが仕事してるっていうのは、ちょっといい話でもありますよね」と感じ入る場面も。伊集院が「こんな素直な古市さんみたことない」と驚くと、古市は「何だろう、好きだからかな、やっぱり、2人のことが」と、“エイベックス通”として知られる所以がわかるやりとりもみられた。

 ABEMAでは、地上波と同じ副音声付きの第1話に続いて、新撮の独占限定コンテンツ「業界震撼の裏話トーク」を加えた特別バージョンを配信。アフタートークで伊集院は、「サンミュージック時代のあゆと対談したことがあって、記憶に残ったのは、目。その時、この子が売れるとは全然思わなかった」と打ち明け、「泉谷しげるさんのラジオのアシスタントをやっていて、放送中におでこ叩かれたりしてましたからね(笑)」と知られざるエピソードを次々と放出。

 ドラマ内での嫌がらせの表現は、「誇張ではなく、むしろ足りないくらい」といい、「目の前で見たことありますよ。あゆ(浜崎)がプロモーション版のCDを配ってたやつを、あゆが見てるか見てないかのところで“どうせかけないから”って捨てられてるとこ」と驚きの裏話も暴露していた。

 原作はフィクションではありつつも実際の出来事をもとにしていることもあって、伊集院と古市は「本当はこの副音声を浜崎さんと松浦さんにやってほしいですよね。あのふたりがこのドラマをどう観てるのか」と、副音声への出演を希望していた。

 アフタートークを含む『【ABEMA限定版】M 愛すべき人がいて 1話リミックスバージョン』や放送済みの第1話から第3話は、ABEMAで無料配信中。