静岡朝日テレビを退社することを発表している女性アナウンサー・森直美(33)が26日、自身が担当する情報番組『とびっきり!しずおか』(月〜金 後4:37〜)に出演。この日が最後の出演となり、ガダルカナナル・タカや、先に退職した同局の元アナウンサー・広瀬麻知子からのVTRコメントが流れると、涙を流しつつ、視聴者へ感謝の言葉を述べた。

 番組内で、思い出を振り返った森アナは「『とびっきり!しずおか』で35の市町をすべて回りました。知れば、知るほど静岡が好きになりました」としみじみ。そして、最後に「10年間、楽しいことも、悔しいことも、悲しいことも、困ったことも、番組を通して、皆さんと共有できて充実した時間でした。本当に、大好きな静岡のみなさん、大好きな『とびっきり!』、ありがとうございました」と出演者や視聴者へ感謝を伝えた。

 また、出演後に自身のブログを更新し「視聴者のみなさんはもちろん、とびっきりを支えるスタッフ、そして大沼さんと温かいとびっきりファミリーに助けてもらって育ててもらってここまでやってこられました」とし、「飛び上がるくらいうれしいこと、ひっくり返るくらいビックリすること、涙が出るほど悔しいこと、人生観が変わるくらい悲しいお別れ、いろんなことがあった10年間。静岡で色々な経験をさせていただきました」と静岡で過ごした10年間を回顧。

 続けて「静岡に来て、あさひテレビに入って、静岡のみなさんのために働くことができて、本当に幸せです。まだまだ静岡の役に立ちたいところですが、次はもう一つの目標である温かい家庭をしっかりと築いていきたいと思います。さらにその先、徳川家康公のように、いつかまた静岡に戻ってきてこのすばらしい環境で暮らしたいというのが私の将来の夢♪」と今後の目標を伝え、「そのときまたとびっきりを楽しく見られたら最高です! そのためにも、これからも番組をよろしくお願いします」と呼びかけた。

 森アナは、1987年6月3日、兵庫県姫路市生まれ。同志社大政策学部卒。2010年4月に入社。主な担当番組は『とびっきり!しずおか』『とびっきり!しずおか 土曜版』『スポーツパラダイス』で、全番組MCを担当。サッカーの清水エスパルスやジュビロ磐田のサポーターからは、「森ちゃん」と声を掛けられるなど、親しみやすいキャラクターで愛されている同局の看板アナウンサーで、今年3月に7歳年上の一般男性と結婚した。