献身的な姿を見せる2匹のハスキー犬が、Twitter上で話題になっている。1匹目は、オオカミ犬の仔犬の面倒を見る姿がいじらしい、ハスキー犬のアルカちゃん。一緒に散歩をするも、仔犬の体力には勝てず、帰宅後にバテてしまう姿にたくさんの反響が集まっている。普段の2匹はどんな関係性なのか、飼い主のつるいずむさんに話を聞いた。

■「お互いの存在が成長へ繋がるような関係性が理想」

 つるいずむさんのTwitterには、シベリアンハスキーのアルカちゃん(4歳・メス)とオオカミ犬のリカルドくん(4ヵ月・オス)、そして1歳3ヵ月の息子さん・こつるくんの日常の姿がたくさん投稿されている。みんなで仲良く暮らしているが、特にアルカちゃんとリカルドくんは、いつも2匹でじゃれ合っているそうだ。

「日常茶飯事です(笑)お互いによく遊びに誘います。一番多いのは、アルカが横になっていると、すかさずリカルドが飛び込んでいくパターンです。アルカはそれを嬉しそうに相手しています。疲れているときはぴくりとも動じませんが(笑)」

 アルカちゃんは仔犬のリカルドくんの相手だけではなく、息子さん・こつるくんのお守りまでしてくれるという。2匹とこつるくんの関係性は、つるいずむさんから見てもとても微笑ましいものであるようだ。

「2匹とも息子のことが大好きです。息子もよく遊んでもらっていて、『ちゃんと家族と認識しているんだなー』と見ていてほっこりしています。息子は犬や猫や生き物に対して泣くことは一切なく、動物に対して優しい子に育っています」

 また、2匹のワンちゃんと息子さんが一緒に暮らしていくことで、相乗効果でお互いにいい影響を与え合えることにも大きな期待を寄せている。

「お互いの存在が成長に繋がるような関係性で暮らしていきたいです。アルカとリカルドが、きっと息子にとって大きな成長をもたらしてくれると信じています」

■「本当に飼い主さんなの?」 寝ぼけまなこのまま気づいていく姿が愛おしい


 2匹目は、飼い主さんの帰りを献身的に待つハスキー犬のユキちゃん。「3日ぶりに飼い主がかえってきたのに、最初気づかなかった犬」という文言とともに投稿された動画で話題を集めている。飼い主さんが帰宅したときの、寝ぼけながらも徐々に気づいていく様子に、「犬も寝ぼけるときってこんな感じなんだ」「タイムラグがすごいww」「耳がペタンとなって、嬉しいぃって感じがかわいい」とたくさんのコメントが寄せられた。

 飼い主のかもしかさんは、ハスキー犬のオフ会連絡用にTwitterアカウントを作ったという。自分の犬のかわいさを他の人にも伝えるために、画像や動画をアップし始めたことが、今回の動画を撮影したきっかけになっている。

「撮影した動画については、いつも久しぶりに会うとハイテンションで喜んでくれるので、その様子を収めたくて撮影しました。この時はたまたま寝ぼけていたのかなと思います。普段、僕が仕事に行ったり遊びに行ったりするときは、同居の母親がご飯や散歩の世話をしてくれています。この時は友人の結婚式の余興の打ち合わせのため、家を空けていました」

 かもしかさんは猫のフウちゃんも飼っている。シベリアンハスキーのユキちゃんは、この猫のことが大好きでよく追いかけまわしているというが、悲しいことにあまり相手にされていないとのこと。そんなユキちゃんは、どのような性格なのだろうか。

「天真爛漫だと思います。女の子って感じで我が強いですし、ワガママです。ただとても人懐っこく、撫でてもらうのが大好きな甘えん坊でもあります。よく猫のフウを『遊ぼうよー』と追いかけるのですが、嫌がられてシャーシャー言われています(笑)得意なのは水泳です。ハスキーには珍しく、飛び込みもできるので、同じ犬種を飼っている方にはよく驚かれます。親バカなので、寝ている姿や遊んでいる姿、なにをしていてもかわいいなと思います」