お笑いコンビ・ぺこぱが27日、都内で開催されたバーチャルファッションショー&ライブイベント『Tokyo Virtual Runway Live by GirlsAward』にシークレットゲストとして登場。ランウェイを歩きモデルデビューを果たした。ステージ登場直前の2人が取材に応じ、アイメイクの誕生秘話やコロナ禍の生活を語った。

 元ギャル男で、モデルや俳優業をしたかったシュウペイは「モデルをやりたいと、ずっと言い続けた。言い続ければ夢はかなっちゃう。みなさんも口に出せば夢はかなうので、そしたら一緒に歩きましょう!」とメッセージ。松陰寺太勇は「誰を誘ってるんだよって言うけど、みんなで歩こう」とノリツッコまずに呼びかけた。

 おなじみの紫色でコーディネートした松陰寺だったが「ファッションの知識は皆無。こういう服を着るのは初めて。シュウペイさん、どうですか?」と不安げ。シュウペイは「松陰寺さんの私服ってオシャレなのを見たことない。けど、きょうは決まってます。より美川憲一感が増してますね!」と笑わせながら褒めた。

 普段の髪を逆立てたスタイルから、下ろして新たな一面を見せた松陰寺は「自分じゃないみたい。メイクさんにセットしてもらったけど『このままの髪型でランウェイ歩くのかな』と思って…。イジったら逆に申し訳なくなるけど、立てたくなる」と照れた表情に。

 ただ、おなじみの青いアイメイクは、そのまま。「なんで青にしたかは覚えていない。確か化粧をし始めたのは5月だった。初夏の空の色だったのかもしれません」とキザに決める。横にいたシュウペイは“化粧願望”を問われると「したくない。キャラみたいなのをやりたくないので(笑)。1回、やってみて全然ダメだった」と告白し、松陰寺は「俺の松陰寺太勇は誰でもできるもんじゃないですよ。なかなか、まねはできないですよ」と胸を張っていた。

 ファッション好きのシュウペイは、自身の服装のポイントについて「普段から衣装に蝶ネクタイをつけているんですけど、そこが残っている。私服でも蝶ネクタイをつけていれば、自分を見失わないかな」と説明し、夏にしてみたい服装は「スカートをはきたい!」と宣言。松陰寺は「ファッションがわからないからボケかわからない。ホントにあるんじゃない」と当惑し、シュウペイが恥ずかしそうに「ボケだった…」と告げると、松陰寺は「わかりにくいボケ、に気づけない俺が悪い」と責任をかぶっていた。

 コロナ禍での仕事についても言及。シュウペイは「引っ越しまして、お昼からIKKOさんにもらった泡風呂セットでお風呂に入ってました。IKKOさんのおかげでツルツルです」とマイペースな生活ぶり。一方の松陰寺は「僕は芸人なので。ネタ作り、曲作り、そして圧力鍋を使った煮込み料理をやらせてもらいました。煮込み料理は、芸人も食っていかないといけなから」とボケ倒していた。

 松陰寺は時間を有効活用したそうで「自分が出ていたバラエティーとか、一旦、止まって考える時間になりました」と振り返る。ただ、シュウペイは時間ができたことより「悔しかったです。地方のファンの方とお会いできなくなった」と無念の思いをにじませながらも「これが明けたら大丈夫と信じながらSNSで発信できた。そういった意味ではファンの方と逆に絆が深まったかな」と最後は前を向いていた。

 これからについて松陰寺は「新しい常識を社会で構築できたら。コロナ前、コロナ後で価値観も変わる。順応していきたい」と話す。一方のシュウペイは「健康でいたい」と短く一言。松陰寺は爆笑しながら「健康が1番。俺がグダグダ言ったことより、健康であることが大事なので」とノリツッコまずに賛同していた。

 『Tokyo Virtual Runway Live』は3DCG空間のバーチャルステージライブ会場にて、3DCGとリアルを掛け合わせたフルバーチャル空間でのファッションショー&ライブイベントで、ABEMAで独占生配信。JO1やFAKYといったアーティストがライブを行うほか、藤田ニコル、池田美優、剛力彩芽、乃木坂46の齋藤飛鳥・松村沙友理・堀未央奈らが出演した。