史上初のバーチャルファッションショー&ライブイベント『Tokyo Virtual Runway Live by GirlsAward』が27日、開幕。モデルのみちょぱこと池田美優が登場し、視聴者を沸かせた。

 アニマル柄を着こなして、デジタル空間のランウェイをウォーキングし、視聴者を視線を一身に集めたみちょぱ。バックステージでは、MCを務めたフリーアナウンサーの宇垣美里とトークも。バーチャル空間のウォーキングについて「不思議な感覚。見られている方はカッコいい演出になってますけど、私たちとしては『なんだコレ』。気持ちのスイッチを入れるのが難しかった」と苦笑いで振り返った。

 インスタグラムのフォロワーが100万人を突破したことを祝福されると、みちょぱは「ありがとうございます」と笑顔に。ただ、コロナ禍の影響で「外出もしてなくてネタが尽きてきちゃって…。前に行った旅行の写真を、うまく載せている。でも、そろそろ載せる写真がなくなってきた…」と苦しい台所事情を明かしていた。

 ステイホーム期間は、もっぱらゲームをしていたという。「こんなにゲームが好き放題できて、逆に忙しかった。寝て起きてゲーム。ずっと、そればっかり。存分に楽しみました」と照れながら振り返っていた。

 『Tokyo Virtual Runway Live』は3DCG空間のバーチャルステージライブ会場にて、3DCGとリアルを掛け合わせたフルバーチャル空間でのファッションショー&ライブイベントで、ABEMAで独占生配信。JO1やFAKYといったアーティストがライブを行うほか、藤田ニコル、池田美優、剛力彩芽、乃木坂46の齋藤飛鳥・松村沙友理・堀未央奈らが出演する。