28日にABCテレビ・テレビ朝日系で放送された東山紀之主演の人気時代劇シリーズ最新作『必殺仕事人2020』(後9:00〜11:04)の番組平均視聴率が、【関西】個人7.9%、世帯14.2%、【関東】個人6.6%、世帯12.4%と健闘していたことがわかった(視聴率はビデオリサーチ調べ)。

 同作は、東山をはじめ、松岡昌宏、知念侑李、和久井映見らおなじみの面々が、世にはびこる悪を成敗する痛快エンターテインメント時代劇。今回は、オレオレ詐欺やグレ者(仁義もなく、金のためなら手段を選ばない悪党)の卑劣な悪だくみを一網打尽にする内容だった。

 ゲスト出演は、市村正親、杉本哲太、杉野遥亮、森川葵、大東駿介、駿河太郎、登坂淳一ら。森川演じるたけの娘、つゆ役の子役・古川凛の熱演も光っていた。

 同ドラマは、動画配信サービス「テレ朝動画」と「TELASA(テラサ)」で期間限定見逃し配信。また、Blu-ray&DVDが10月2日に発売される。