俳優の伊藤英明が7月11日放送のフジテレビ系土曜プレミアム『世にも奇妙な物語'20夏の特別編』(後9:00)内オムニバスドラマ『3つの願い』に主演することがわかった。伊藤の『世にも〜』シリーズ出演は3回目、2012年に放送された『世にも奇妙な物語 ’12秋の特別編』以来8年ぶりとなる。ストーリーはいわばホラー版和製『アラジンと魔法のランプ』となっており、ランプから登場する魔人役には滝藤賢一が起用された。

 伊藤は「『世にも奇妙な物語』は僕ら世代の作品で、また出たいという気持ちがずっとあり、お話しを頂いた時はすごくうれしかったです。今回ご一緒する河野(圭太)監督とは、『白い巨塔』の時にお世話になっていたので、今回の出演もすごく楽しみにしていました。また、今回は40分の長編ということでどうなるのか楽しみです。手応えはあります!」と期待に胸を踊らせる。

 伊藤が演じるのは、絶世の美女だという妻と豪邸に住む謎の男・若林和也(38)。ある日、若林が最愛の妻と庭でランチをとっていると、ふとした隙に、妻がこつぜんと姿を消してしまう。すぐに警察を呼び、捜査を始めたところで突じょ電話が鳴る。どうやら妻は誘拐され、犯人は妻と引き替えに、5億円を要求しているようだ。

 ところが、警察が若林に本格的な事情聴取を始めると、どうも若林の言動が怪しい。妻に異常な執着を見せているのに、肝心な妻の情報を全くもっていないのだ。旧姓も出身地も、家族の連絡先すら知らないという。警察の疑いが一気に若林に向かったところで、若林が5年前に発見したランプと、それにまつわる奇妙な出来事について語り出した。果たしてこの誘拐事件には、どんな謎が隠されているのか、そして若林は最後に愛する妻を連れ戻すことができるのか…。

 今作は終始ドキドキハラハラするような、いわゆるホラーではなく、見る人が自身の人生や価値観、そして人間が持つ欲やぼん悩について、深く考えさせられるようなユニークかつ深い物語に。最後に若林を待っている結末を目にした際は、背筋を冷や汗がすーっと落ちるような恐怖の感覚が待ち受ける。

 「今回の話は『アラジン』のように夢のある物語ではなく、『世にも奇妙な物語』ど真ん中のホラーで、ある種のパラレルワールドを描いています。自分が得をするとどこかの誰かが損をする、要は“因果応報”というメッセージが込められているのかなと思います」と物語のテーマに言及。「本当に大変な時期での撮影になり、少数精鋭で頑張って乗り越えたので、ぜひ楽しみにしてください!」と呼びかけている。