女優の稲森いずみが10月11日スタートの日本テレビ・読売テレビ系連続ドラマ『極主夫道』(毎週日曜 後10:30)に出演することが明らかになった。主演の玉木宏演じる主夫力高すぎる元極道“不死身の龍”が世の中と仁義を斬りまくる今作で『天雀会』の姐御・江口雲雀役に挑戦。その夫で“会長”の江口菊次郎は竹中直人が演じる。

 今作は『全国書店員が選んだおすすめコミック2019』で第2位、累計200万部突破のおおのこうすけ氏による人気漫画『極主夫道』(新潮社『くらげバンチ』連載中)を実写化。コワモテだけど、愛情深くて実はかわいらしい元最強の極道“不死身の龍”が、専業主夫の大変さや楽しさを知りながら、トラブルや悩みを爽快に解決する仁義なきヒューマン任侠コメディー。龍の妻・美久を川口春奈、龍の舎弟・雅を志尊が演じている。

稲森は「竹中さんや志尊(淳)さんとの3人の天雀会でのシーンは、コミカルさいっぱいで大暴れしているので、ぜひ楽しみにしていてください」と呼びかけている。また、「主人公の龍をはじめとして、魅力溢れる個性的なキャラクターが揃っているので、その一員として、みなさんとご一緒できることがすごく楽しみです」と期待を寄せた。

 竹中も「あの《極主夫道》に私が?! それも玉木くんと久しぶりの共演!! 楽しみすぎる! そして志尊くんとは4回目の共演!撮影現場があまりにも楽しみだ!と思いました」と興奮。

 天雀会のドンなのに、妻には尻に敷かれまくる会長と茶目っ気たっぷりな仁義にあふれる姐御。任侠たっぷりの夫婦が作品にスパイスを加える。竹中は「撮影現場は共演のみなさまがとても熱く、テストから本気のお芝居で日々圧倒されています! そんな中でぼくは、皆様よりもソフトに、そして夏の風に揺れる百日紅の花のようなお芝居をしています。先日監督が『竹中さんのお芝居は一滴の清涼剤のようだ。』と褒めて下さいました! 頑張ります!」と相変わらずじょう舌に現場の模様を報告している。