お笑いコンビ・千鳥のフジテレビ系新番組『千鳥のクセがすごいネタGP』(毎週木曜 後9:00〜)が、10月8日から初回2時間スペシャルでスタート。初回収録後、取材に応じた2人は売れっ子芸人に仲間入りした現状について語った。

 同番組は、人気芸人が普段のネタとは一味違う“クセがスゴくてクセになるネタ”を披露する新作バラエティー。過去に特番として放送され、晴れてゴールデンでレギュラー化する。ノブは「初回にふさわしい面白い収録になりました。ホントに面白い人と、振るわなかった人もいます(笑)。これは、それを包み隠さず出す番組なので。楽しかったですね」と話し、大悟も「収録の3時間、ほぼ笑いっぱなし。楽しかったです。全員が全員、面白いネタ番組ではない。そこを楽しんでいただければ」と呼びかけた。

 レギュラー番組で再スタートを切る同番組だが、ノブは「何もパワーアップしてない」ときっぱり。大悟も「パワーアップさせちゃうと普通の人気者ばっかりを呼ぶ番組になる。本来は、それのがいいんですけど」と笑いながら、特番時代のよさを引き継いでいるという。ノブは「僕らのことをわかっている。千鳥と少人数のゲストがちょうど。ゴールデン番組なのにスタッフが少ない。まさかのフジテレビのゴールデンがテレビ埼玉より少ない(笑)」と“身の丈”に合った番組になる。

 同番組のタイトルには、2人のブレイクのきっかけとなった決めぜりふ「クセがすごい」が冠についた。ノブは「『クセがすごい』の漫才を作ったのが15年前ぐらい。そこからゴールデンの番組タイトルになる。いい15年だったのかな」としみじみしながらも「『クセがすごい』って、もう誰も言ってない気がする…。それを今、堂々とやる総合演出の変態さ。『全力脱力タイムズ』と同じ(名城ラリータ氏)なんですけど、お笑いしか考えていない人が今やろうとしているのが面白いですよね」と語った。

 大悟も「クセがすごいは誰も言ってない。ノブも言ってない(笑)。でも、すごく便利な言葉で、言ってはいけない文句も『クセがすごい』でギリギリセーフになりますから(笑)」とワードセンスの秀逸さを口にすると、ノブも「全部が含まれてますから。やってて便利な言葉だなと思います」と同調した。

 取材には少女マンガ誌の『りぼん』も参加。思わずノブは「取材のクセもすごいやん」と苦笑い。“中学生に見てほしいポイント”という質問にノブは「今回は最高ですよ。EXIT出てますから!」と誇大広告し、大悟が「出てない。EXITのニセモンの何してるかわからんタレントが出てる」と訂正。続けて、大悟は「芸人は、今の中学生が好きなEXITとか第7世代だけじゃないんだよってことを(見てほしい)。ホンマに面白くなるのは内蔵の悪さが顔に出て、黒ずみ出してから。大人の階段を登ってほしいかな」と黒ずんだ顔で呼びかけていた。

 他局でもレギュラー番組がスタートし、コロナ禍もどこ吹く風で千鳥の勢いは増すばかり。その点についてノブは「なんか、いろいろ使ってくれたりしてます」と感謝しながら「よく見てもらうと全番組が変なんです(笑)。その集大成が、この番組。ネタ番組ぐらい普通に司会させてほしい」とボヤき。それでも「それが僕ららしいのかな。全番組、疲れますけど面白いのでやれるのはうれしいですね」と笑顔に。大悟も「今の時代に基本的にはお笑いの番組しかやっていないというのは、芸人からしたらうらやましいと思う。こういうことをやりたかった」と満足気に話し「これ以上にも、これ以下にもならんぐらいで頑張ります。ここをキープするのが1番いい」と目標を現状維持に定め、笑わせていた。

 初回には、中川家、ハナコ、霜降り明星、ミラクルひかる&みかん、エハラマサヒロらが出演し、普段は見ることができない“クセがすごいネタ”を披露している。