人気キャラクター・ミッキーマウスの展覧会『ミッキーマウス展 THE TRUE ORIGINAL & BEYOND』が、あす30日から東京・森アーツセンターギャラリーで開催されるのを前に、プレス先行内覧会が行われた。

 本展覧会は、ミッキーマウスのスクリーンデビュー90周年を記念し、2018年から19年にニューヨークで開催されたものを、東京でも実施したいという思いで始動。ニューヨークで展示されたものを中心に、原点の「THE ORIGIN」、未来へのポジティブなメッセージを受けて制作された「&BEYOND」が日本オリジナルとして追加された。

 「THE ORIGIN」では、スクリーンデビュー作『蒸気船ウィリー』(1928年)と、今年公開80周年を迎えた『ファンタジア』(40年)の2作品を紹介。ミッキーマウスやミニーマウスが躍動する姿が巨大な造作で再現されていたり、最新技術を用いて、作品を新しく見せる仕掛けなどが盛り込まれている。

 「&BEYOND」では、米国のウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオを代表する5人のアーティストが夢と希望に満ちたミッキーマウスを表現。さらに、さまざまなジャンルで活躍する日本人アーティストの大島智子氏、河村康輔氏、添田奈那氏、書道家の万美氏、WAKU氏の5人も加わり、“見たことない”ミッキーマウスが披露されている。

 期間はあす30日から来年1月11日まで。