道交法違反(ひき逃げ)などの疑いで俳優の伊藤健太郎容疑者(23)が29日、警視庁に逮捕されたことを受け、NHKは12月下旬放送予定のドラマ『夜の連続テレビ小説 うっちゃん』に出演予定だった伊藤容疑者の降板を発表した。代役については検討中という。

 本作は、お笑い芸人の内村光良率いるコント番組『LIFE!〜人生に捧げるコント〜』のスピンオフで、座長・内村の半生をモチーフにしたフィクションドラマ。朝ドラ風に、少年期、青年期、そして50代と、それぞれの時代を1話15分(予定)で描いた全3話のオムニバスコメディーとなっている。「うっちゃん」は中川大志、コンビを組む相方「なっちゃん」は伊藤容疑者が演じる予定だった。

 またNHKオンデマンドの公式サイトでは「【販売停止】のお知らせ」と題し、伊藤容疑者が出演していた『スカーレット』『アシガール』『アシガールSP』について「都合により、下記番組の新規の販売を停止します」と発表した。

 各社報道によると、28日夕方に渋谷区で伊藤容疑者の運転する車が、2人乗りのバイクと接触。バイクを運転していた男性(26)と女性(27)は病院に搬送された。女性は足の骨を折り、重傷という。伊藤容疑者は現場から一時逃走したとされる。

 29日、伊藤容疑者の所属するイマージュエンターテインメントは事務所の公式サイトにコメントを掲載し、「弊社所属の伊藤健太郎が、本日報道されましたとおり、昨日夕刻、自動車を運転中に、本人の不注意によりオートバイと接触し、オートバイを運転されていた方とその同乗者の方2名にお怪我を負わせるという事故を起こしましたことにより、過失運転致傷及び道路交通法違反の被疑事実により逮捕されました」と経緯を説明し、謝罪した。