LINE誤送信に対処する「送信取消」機能を提供開始

 LINE株式会社は、同社が提供するコミュニケーションアプリ「LINE」において、24時間以内に誤送信したメッセージを取り消しできる「送信取消」機能を、12月13日に提供開始したと発表した。

 メッセージの取り消しは、誤送信したメッセージを長押しし、「送信取消」のメニューを選択すると、送信者と送信相手の端末両方から対象メッセージを取り消すことができる。

操作イメージ / 画像提供・LINE株式会社
操作イメージ / 画像提供・LINE株式会社

 取り消すことができるメッセージは、24時間以内に送信したテキストとスタンプ、画像、動画、ボイスメッセージ、URL、LINE MUSIC、連絡先、位置情報、ファイル、通話履歴で、既読・未読両方のメッセージが対象となる。グループトークや複数人トークにも対応し、スマートフォンに加え、デスクトップ版も利用可能。ただし、スマートフォンに届く通知メッセージは取り消すことができない。

 取り消し後は、取り消したという内容が送信者と送信相手のトークルーム上に表示される。

 なお、メッセージを取り消すことができるのはLINEの最新バージョンからとなる。


関連記事

おたくま経済新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索