マニアを歓喜させた「信号機ガチャ」 第2弾は雪国仕様の縦型信号機がラインアップ!!

 株式会社タカラトミーアーツより、大人気を博した信号機カプセルトイの第二弾「日本信号 続ミニチュア灯器コレクション」が1回300円で8月から発売となります。

 日本信号株式会社とのコラボ商品である「信号機ガチャ」、第1弾は再現度の高さから大好評となりましたが、今回はトンネル用信号や雪国からの要望が非常に多かった縦型信号機などラインアップは全5種。

 「車両用交通信号灯器(縦型/ロングフード)」は、雪国仕様のアノ縦型信号機の事。雪で表示灯が埋もれない様ロングフードにしてある再現度の高さに雪国民大喜び。

 「車両用交通信号灯器(景観保護色・ブラウン)」は、茶色の建物が多い観光地などで採用されているこげ茶色の信号機。従来の白い本体やフードが目立ち過ぎない色味がマニアに人気です。

 「トンネル用信号機」は高速道路や有料道路でもおなじみの、山間部のトンネルの前に設置されているアノ信号機。トンネル内での事故があった場合にしか色が変わらないので、色が変わるところを見てみたいなどと思ってしまう人ももしかしていたりするのでは……。

 「3現示式色灯信号機(鉄道用)」は、鉄道マニアならお馴染みの信号機。まさに「出発進行!」という、進行現示の出発信号機(「出発進行」は「出発信号機『進行』現示」の略)という形になっています。運転士が信号の色を指さし確認して列車を運転している姿はカッコいいものがありますよね。

 「歩行者用信号灯器」は、街角でもお馴染みの歩行者用信号。言わずもがな、ですが、今回のは何と緑の進め表示が点滅して光る!第1弾は止まれ表示と進め表示のそれぞれでしたが、今回はより進化しました。

 タカラトミーアーツの親会社である、株式会社タカラトミーが運営する公式ツイッターで「ガチャ開発担当から「信号機ガチャ」の第2弾のサンプルが届きました。左の信号…お分かりだろうか…?雪国のみなさん…ついに…やつが…縦信号が…商品化されます…!!(涙目)」とこの商品を紹介したところ、大きな反響が。「名古屋の大須にある変わった形の信号機も商品化して欲しい」「鉄道信号ももっとラインアップに加えて欲しい」などなど、最近増えている新型LED信号から変わり種信号の要望まで続々と寄せられる事態となっています。

 今回のカプセルトイに封入されるのは約3.2〜5.2cmの本体と、付属する標識パーツ。パーツを取り付けて遊ぶ事ができ、各信号機は光る仕様とハイクオリティな仕上がり。もし見つけたら10連ガチャ並にやってしまいそう……。

参考:日本信号 続ミニチュア灯器コレクション
画像提供:タカラトミーアーツ

(梓川みいな)


関連記事

おたくま経済新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索