好きなゲームに出てくる食べ物って、とても美味しそうで魅力を感じますよね。それが子どものころから夢中になっていたモノほど、大人になってからも度々思い返して郷愁に浸ったり。そんな「世代に刺さる」クッキーがツイッターに投稿され、見た人垂涎な状態になっています。

 「今年どこかで絶対作る…と思っていたヨッシーのクッキー、今日のおやつに実現させる事が出来ました。子供の頃の夢」と、絵文字も交えてゲームの中からそのまま出てきたようなクッキーを作り上げたのは、パティシエとして活躍する一方、趣味でアニメキャラなどを模したスイーツを作っている、パンさん。

 クッキーは、中がイチゴジャムを煮詰めて入れた赤いハート、真ん中の赤い丸が入ったダイヤ型も同じくイチゴジャムが入っています。クッキー生地の上に乗せてるのでオレンジっぽく見えますが、元は赤ですもんね。

そしてプレーンとココアの市松模様、ドーナツ型、柔らかなピンク色の丸い部分が大きなお花、そしてリアルなヨッシーの顔の6種類。どれもきれいな形で、色もゲームのまま。並べても消えないリアルヨッシーのクッキー……!これは、欲しい!!食べた〜い!!!

 かつてこのゲームで遊んでいた世代にはとても懐かしいクッキーたち。リプライには、「リアル!!!!めっちゃくちゃかわいいです!!!」と大興奮な人、「子供の頃の夢そのままで感動しました…!」とかつての子ども心を思い出して感動している人も。「これは刺さる世代にはたまらん…」「ヨッシーのクッキー紛うことなき本物!!!」「BGMが脳内再生されましたwww」と、ゲームにハマっていた世代の心をがっちりと掴んでいます。

 この高い再現度……さすが本職。ヨッシーの顔のクッキーは、型紙をパンさんがご自身で起こして作成されたもの。クッキー生地を型紙に沿ってペティナイフで切り出す作業・形の微調整・生地の焼成・デコレーション全てで3時間ほど掛けているそうです。ちなみに、ヨッシーの顔の色付けはアイシングではなく抹茶パウダーで色付けしたチョコレートやホワイトチョコを使用しているのだそう。

 型紙通りにクッキーの抜型を作れば、自宅でも形は同じように作れそうな気がします。が、顔の表情までそっくりにデコレーションするのはやはりプロの腕前が必要かも……。

 そういえば、昔、ゲームが全盛期だった頃にも「ヨッシークッキー」がお菓子メーカーから発売されていたそうですが、さすがに当時の物は形と模様だけだったみたいです。それだけに、ここまでリアルなヨッシーのクッキーをお目にかかれるなんて……。ゲームで遊んでいた当時に心がタイムスリップするような気分になりますね。

<記事化協力>
パンさん(@sucurepan)

(梓川みいな)